【パリレポ】日本とここが違う!パリの「イッツ・ア・スモールワールド」

Facebook

日本にもあるのんびり系アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」。
子どもから大人まで親しまれていますね。

このイッツ・ア・スモールワールド、ディズニーランド・パリにもあるんです。
アトラクションの内容は日本とだいたい一緒ですが、決定的に違うところが1つあります。
それはどこか…?

1.パリのイッツ・ア・スモールワールドはこんな感じ

元々1964年にニューヨークで行われた世界博覧会で披露されたのが「イッツ・ア・スモールワールド」。
期間中1000万人が訪れたという人気アトラクションで、終了後も見たいという声に応えて1966年にカリフォルニアのディズニーランド・リゾートに移設されたのがディズニーランド・パークでのイッツ・ア・スモールワールドの始まりです。
その後フロリダ、東京、パリ、香港と各テーマパークに作られていきました。

パリにはディズニーランド・パークのファンタジーランドにあります。
内容は各国のイッツ・ア・スモールワールドと大きな差はありませんが、最も大きな違いは唯一乗車場所が屋外なこと。
もちろん人形たちがいるところは屋内ですが、なぜ乗車場所は屋外になったのだろうか…パリあんなに寒いのに(屋根はあります)。
待ち時間は10〜15分ほどと短いので、寒い時期でも我慢しましょう。
所要時間は10分ほどです。

東京ディズニーランドは35周年記念で大幅リニューアルし、ディズニー映画のキャラクターが登場するようになりましたが、パリにはそれがないのが人形たちの違いという意味では大きなところかな。
それでもパリっぽい感じが楽しめますよ。

2.アトラクションをご紹介

ここからはパリのイッツ・ア・スモールワールドについてご紹介しますが、大きな違いとなる乗車場所を中心にご紹介します。
また行った時期はクリスマスシーズンということもあり、アトラクション内はホリデーバージョンになっていたようでした。
そんなところもご紹介します。

こんな感じでお城の外に水が張られていてコースも敷かれています。東京とは違う雰囲気
こんな感じで外で乗り込みます。屋根がしっかりあるので雨天時でも安心して乗れますよ
出発すると屋根のある屋外を通り、室内へと入っていきます
室内に入ると各国語の挨拶でお出迎え!もちろん日本語もあります
エリアごとの人形たちが出迎えてくれるところは各国のイッツ・ア・スモールワールドと同じです
日本のお人形もありますが…、後ろは中国ではないか?
途中からはクリスマスコスチュームに身を包んだお人形が多数!
たぶん普段はクリスマスコスチュームではないと思われるので期間限定だと思います(そのことについて記載されているところがどこにもない…)
最後はおなじみの世界は一つの白いコスチュームで。
最後にはサンタさんも登場!このサンタさんはこの季節限定なのか…?
そして最後は各国語の挨拶で締める!ここも各国で共通してますね

いかがでしたか?
まさかの屋外で乗るとは…これにはびっくりしました。
でも小さなお子さんから楽しめるのんびり系アトラクションなので、ゆっくり楽しみたい時にはぜひぜひ。
今回はクリスマスバージョンに乗れたのがとってもラッキーでした!

おなじみのかわいいお人形さんを見て癒されましょう!ぜひ各国のイッツ・ア・スモールワールドの比較も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です