【香港レポ】ディズニー・エクスプロラーズロッジにレクリエーション施設がオープン!

Facebook

2017年4月にオープンし、これまでも何度か宿泊している香港ディズニーランドリゾート内の直営ホテル「ディズニー・エクスプロラーズロッジ」。

ここに新たなレクリエーション施設「ニモのレクリエーションリーフ」が6月にオープンしました。

子供向けの施設ですが、大人でも充分楽しめますよ。

どんなところかご紹介します。

1.ニモのレクリエーションリーフとは?

映画「ファインディング・ニモ」をテーマとしたレクリエーション施設がこちら。

これまでエクスプロラーズロッジには常設のレクリエーション施設がなかったのですが(各種アクティビティはロビー横のスペースで実施)、ついにちゃんとしたお部屋ができました。

室内はニモの世界観がふんだんに盛り込まれ、まるで海の中にいるような気分になれますよ。

基本的には室内でのアクティビティはここでの開催に変更となります。

(室外のアクティビティはこれまで実施の通り)

夏のアクティビティの時間割。午後に行われるプールでのアクティビティ以外はここで行われるか集合となります

場所は2階のレストラン「ドラゴン・ウィンド」側エレベーター奥となります。

奥まっているので、ちょっと分かりづらいです。

2.施設内部をご紹介

中はイメージとしては幼稚園みたいな作りで、げた箱とレクリエーションを行うスペースなどがあります。

想像以上に広く、遊ぶものも収納されていそうな感じでした。

ここからは写真でご紹介します。

こちらの施設は靴を脱いでお入りください
入口からの景色。かなり奥行きがあるお部屋です
げた箱の上だったり、
壁のあちこちだったり、
いたるところにニモのキャラクターが描かれていますよ
水中メガネをモチーフにした遊具も。透明な棒を差し込んだ遊ぶもののようです
クッションもヒトデや貝をモチーフに!
とてもさわり心地のよいクッションでした。うちに持って帰りたい(笑)
照明はクラゲをイメージしています。これは凝っているなぁ
カーペットもさわり心地が良かったです。なお、素足のゲストにはスリッパの用意があります。
ちょうど行った時間は塗り絵のアクティビティ中でした。10種類の中から好きなものを選んで挑戦。小さいお子さん達に混じってやる大人(笑)

いかがでしたか?

他のディズニー直営ホテルには子ども向けのレクリエーション施設があるのに、エクスプロラーズロッジにはなぜ最初から作らなかったのか不思議なところではありますが…!

中はニモの世界観を忠実に再現しているところが良いところかと。

大人もキャストさんの許可を得られれば入れるようなので、ちょっと中に入れさせてもらって世界観を堪能しましょう!

塗り絵のアクティビティはお子さん向けのやつだったのですが、中には全年代参加できるアクティビティも。無料で参加できるので気軽に行ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です