【100冊読書1/100】「ティール組織」

Facebook

この年末までに100冊本を読んでアップするという目標を掲げたので、今日からアップすることに。

本を選ぶのにテーマがあって、

・組織論

・コーチング

・共感

・寄り添い

・問いかけ

というテーマの本を紹介することにしたい。

 合わせて私の雑なマインドマップも紹介することにするが、まぁあまり気にせず…。

1.「ティール組織」フレデリック・ラルー著

ビジネス書大賞というものを数多く受賞している、今年大注目の書。

これからの組織のあり方として「ティール組織」というものが一般的になってくるのではないかということで、先進的な事例とともに紹介している。

(1)私の問いかけ

・ティール組織とは?

・今属している組織にどう活用できるか?

(2)ティール組織とは?

・組織として代表はいるもののフラット

・自発的な活動を推奨

・CEOは自らの決断では決定できず、必ず専門分野の職員に尋ねなければならない

・自分の弱さや謙虚さなど、人間性をさらけ出せるか?(特にトップ)

・会社の目標と個人の目的が合致して進めている

・仕事が自分ごとになる

(3)今所属している組織にどう活用できるか?

・自分の人となりをさらけ出す

・自分の目標と組織の目標の着地点を模索

・この場で過ごすことで豊かになり、良く生きることができるところと信頼する

Baby Stepですが「互いを賞賛しあえる文化作り」としました。

ずっと読みたかったティール組織。

今所属している組織に活用できるのでは?と思っていた。

この本の385ページ以降に記載のあるティール組織の特徴が個人的にとても刺さったので、早速活用してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です