【100冊読書22/100冊】パワー・クエスチョン

Facebook

100冊読書の22冊目は洋書の翻訳書。

これまでも翻訳書は取り上げてきているし、22冊目になるけど…、深く読みたいと思ったのは久しぶりかな。

硬派だけど読みやすい気がします。

22.「パワー・クエスチョン」アンドリュー・ソーベル著

良い質問はその答えより効力が高いと言っているのが著者。

その質問を「パワー・クエスチョン」といい、質問によって核心に切り込むことができたり、会話をより楽しいものにしてくれるという。

その質問はどんなものかを語ったのが本書である。

(1)問い

・相手の剣幕を質問でなだめる方法は?

・売り込みがうまくいかない時の質問は?

・人生の棚卸しに効くパワー・クエスチョンは?

(2)問いの答え

・相手をなだめるには、相手に何を解決してもらいたいかと考えた質問をする

・売り込みがうまくいかないときは、

「それが自分ごとと捉えられるか」

「顧客がその点に不満を抱いているか」

「その点について問題を抱えているか」

について検討する

・人生の棚卸しについて、重要な質問は5つ

   「あなたのミッションは?」

   「誰と今後の時間を過ごしたいか?」

   「友人や家族にとって何が大切か?」

   「どんな期待を抱いているか?」

   「今後の計画は何か?」

(3)問いを生かす

・イキイキとした人生は、相手や自分への質問が第一歩

・人生を変える質問で問題を解決し、笑顔を作り出すことができる

(4)Baby Step

本書を読んで、書いてあることを実践

書いたマインドマップ。左下の人生についてのところは、しっかり考えたい…!

質問について深く書いてある本で、すぐに実践しないとなぁと思うぐらいの内容。

最後のドラッカーに聞いた、人生の棚卸しの質問は興味深かったなぁ。

より深く読みたいと思う1冊でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です