【100冊読書20/100冊】タイム・マネジメント4.0

Facebook

いよいよ20冊目に到達!

記念の1冊はタイム・マネジメントについて。

しかもかの有名な「7つの習慣」のコヴィー博士のところの方が書いた本らしい。

7つの習慣のエッセンスも書かれているようで…。

20.「タイム・マネジメント4.0」竹村富士徳著

人には平等に時間が与えられている。

その中でタイムマネジメントを行なっていくのは本当に必要なのか?

もしやる場合、やり方はどうすればいいのか?

そんな方法についても書かれている本である。

(1)問い

・「出来事管理」とは?

・セルフ・リーダーシップで人生の責任を取るとは?

・タイムマネジメントの具体的やり方は?

(2)問いの答え

・出来事管理とは、時間を出来事で管理していくことで、管理が可能になるもの

    出来事は連続体

・セルフ・リーダーシップとは自分自身でイニシアティブを取ること。

    主体性と自責を持って動くこと

・セルフリーダーシップのやり方

    目的思考を持つこと

    目標は自分の動機を深く動かすような意義深いものにすること

    中間ステップを持ち、先行指標を用意すること

    時間管理のマトリックスを利用

    言行一致

(3)答えを生かす

・自分で主体を持って「やりたい」ことをやる

・出来事管理で取捨選択を適宜行い、自分に必要なことのみに集約していく

(4)Baby Step

自分の今日を主体的に管理

これを読むと主体的に動くことを実感するなぁ。私はそこに火をつけるために、どんな声がけを自分にするか…!

最近つとに思うのが、自分が主体的に動いているものに一番やる気が出てくるということ。

だからこそ、自分でやりたいことをどんどん作り出していきたいなと思う。

そういう意味では、今の自分に火がついているかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です