【パリレポ】ディズニーランド・パリに隣接する商業施設「ディズニーヴィレッジ」とは?

Facebook

ディズニーランド・パリにはパークに隣接する商業施設「ディズニーヴィレッジ」があります。

東京・舞浜でいうところの「イクスピアリ」なのですが…、どんな商業施設なのでしょう?

今回は「ディズニーヴィレッジ」についてご紹介します。

1.ディズニーヴィレッジとは?

ディズニーランド・パリ2パークおよび最寄駅の「マヌ・レ・ヴァレ」駅前にある商業施設です。

店舗などは30ほどと少ないですが、パーク閉園後も食事や買い物ができるのが嬉しいポイント。

パーク内グッズが買えるショップやキャラクターダイニングもあるので、買いそびれたものを買う…なんてこともできますよ。

また、マック(マクドナルド)やスタバ(スターバックスコーヒー)など、お手頃な食事施設も多いのが特徴。

パーク内で食べると結構割高(ハンバーガーのセットで13ユーロぐらいから)なので、できるだけ食費は抑えたいという場合には便利です。

中には朝イチ(7時半オープン)からやっているところもあるので、パーク入園前に腹ごしらえも可能ですよ。

(終了は店舗および日によって異なります)

アールオブサンドイッチは朝7時半から営業!朝食メニューもありますよ。注文後に作るのでアツアツです

2.どんな施設があるの?

(1)グッズショップ

ショップは全部で6つ。

レゴを含め、全てのお店でディズニーグッズを取り扱っています。

この中で最も大きいのはワールド・オブ・ディズニーで、パーク内グッズの多くを取り扱っています。

それ以外にもアパレルや海外、おもちゃなどを扱うディズニーショップも。

(2)レストラン

バーやスナックワゴンを含めて18店。

上で紹介したマクドナルドやスタバなどからステーキハウスなどの高級店もありますよ。

ディズニーマニアのみなさんの中では、アメリカのサンドイッチ店「アールオブサンドイッチ」があることがポイント高いようで、何度も行かれている方が多い様子…。

私も2回行ったかな。

サンドイッチだけでなくサラダなどもあり、美味しいですよ!(時間帯によってはかなり待ちます)

ディズニーがアメリカ文化ということもあり、アメリカのお店が多いかな(プラネットハリウッドもそうですが)。フランス料理のお店は少ない印象です

(3)キャラクターダイニング

そしてディズニーヴィレッジには2か所のキャラクターダイニングがあります。

・カフェ・ミッキー

 ミッキーたちが登場するキャラクターダイニング。

 昼と夜で行われています。

 コース料理で夜は65ユーロぐらいです。

・バッファロービルズ・ワイルド・ウェスト・ショー

 ミッキーやミニーたちが登場するウェスタンショー。

 ミッキーたちがガッツリ出てくるわけではなく、お馬さんたちが走り回るディナーショーという感じです。

 基本的に週末の夜のみの開催で、開催されるときは1日2回開催されます。

 席の場所により価格が異なるので要注意です。

カフェミッキーの夜のメニュー。65ユーロ…!(7500円ぐらい)かな

(4)その他

ディズニーヴィレッジに隣接する湖・ディズニー湖には大きな気球が浮かんでいます。

こちらに乗れるアトラクションやボート、映画館、ゲームコーナーなどがありますよ。

ディズニー湖に浮かぶ気球。昼間に見ていないので、乗っている人を見ておらず…

平日などは19時閉園になることもあるディズニーランド・パリ。

閉園後も夕飯などを食べられ、ショッピングができるのは嬉しいですね。

特に直営ホテル(パーク隣接のディズニーランドホテルを除く)や電車で近隣のホテルに移動する場合は帰りにお土産を買うこともできますよ。

また食事などの価格を抑えられるのも嬉しいポイント。

パーク内と上手に使い分けるのが良さそうですね。

お手頃価格のレストランは嬉しいポイント。その分グッズ購入などにまわせますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です