【パリレポ】ディズニーランド・パリのオススメお土産は…?

Facebook

ディズニーランド・パリには友人や会社、学校などへのお土産にできそうなものがたくさんあります。

しかもアメリカパークでのお土産探しで困る、個包装になったお菓子のお土産がいくつもあるのは嬉しいポイントです(日本よりはバリエーションは少ないですが)。

以降ではどんなものがお土産としておススメかご紹介します。

1.お菓子

お土産にしやすいものの代表といえば、やはりお菓子ですね。

個包装になっているものとしては、チョコレートなどがありました。

それ以外にもクッキーやギモーヴ(マシュマロ)などがあったので、親しい人へのお土産はもちろん、学校や会社へのいわゆる「バラマキ土産」にもちょうど良いですね。

少々リアルプーさんを挟んで右の筒がクッキー。左はチョコレートかな。ただ、これらは個包装ではなかったかと…!

2.パリを前面に押し出したグッズシリーズ

エッフェル塔など、パリを観光するキャラクターの様子などをメインアートとしたグッズもあります。

Tシャツやキーホルダー、クッキーなどのお菓子など種類も豊富。

キャラクターが全面に押し出されているものだけでなく、ミッキーとミニーがシルエットアートになった大人っぽいデザインのものもあるので、贈る人の好みに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

パークの最寄駅「マヌ・ラ・ヴァレ・シェシー」駅の売店でもパークグッズの一部が。パリを全面に押し出したグッズはまだまだたくさんありますよ!

3.季節グッズ

スペシャルイベントごとに様々なグッズが登場していますが、特に充実しているのはクリスマスグッズ。

クリスマスの本場ということで、特にオーナメントや食器、アパレルなどが充実しています。

しかも2019年9月に行ったときにはすでに販売されていたという…3ヶ月後だというのに。

2019年11月に行った時はチョコレートなどのお菓子もあったので、会社などへのお土産にもちょうど良いですね。

パークで着るのに目立つ赤いアパレルのほか、
大人っぽい食器類も!
オーナメントの種類も豊富!

4.グッズの割引が効く場合は…?

ディズニーランド・パリの年間パスポート(年パス)を購入した場合、券種によってグッズ購入時に割引が効きます。

ディズニーランド・パリの年間パスポートは入園可能日により4種類のチケットがありますが、グッズ割引が一番下のDiscovery以外にはついています。

割引率は、

Infinity(365日入園可能):20%

Magic Plus(約350日入園可能)、Magic Flex(約300日入園可能):10%

となります。

割引は購入時にレジで提示するだけでOK。

パーク内だけでなく、ディズニーヴィレッジのディズニーパークグッズを扱うショップ、直営ホテル内グッズショップでも割引になりました。

なお、年間パスポートを購入する際は特典内容および入園可能日をチェックの上、購入されることをオススメします(年間パスポートについて詳しくはこちら)。

海外パークではイヤーグッズという、西暦年が入ったグッズも豊富です。いつ行ったかがすぐ分かる…!

5.たくさんグッズを購入するなら1日で購入!なぜなら…

たくさんほしいグッズがある場合、特に1日でグッズ購入合計175.01ユーロ(約22,000円ほど)を超える場合は、免税手続きを取ることができます。

しかもディズニーランド・パークおよびウォルト・ディズニー・スタジオ内の各ショップ、および商業施設・ディズニーヴィレッジ内のショップ「ワールド・オブ・ディズニー」での購入を合算することが可能ですよ。

書類はディズニーランド・パークのシティホールおよびウォルト・ディズニー・スタジオのスタジオ・サービス、ディズニーヴィレッジのワールド・オブ・ディズニーで作成可能です。

その際、購入したグッズとパスポート、購入したレシートを持参し、書類作成してもらいましょう。

注意点としては、ホテルのディズニーグッズストアおよびコンシェルジュでは免税手続きができないこと…私はできると思って行ったらできず断念しました…

書類作成後は、帰国前にシャルル・ド・ゴール空港の免税カウンターへ。

「Pablo」という機械にバーコードを読み込ませて、

・振込返金の場合:書類作成時にもらった封筒に入れて空港内の所定ポストに投函(投函後2~3ヶ月で返金)

・現金返金の場合:空港の「グローバル・リファウンド」カウンターで書類と引き換えに返金を受ける

という流れになります。

175.01ユーロというと日本円の場合2万円強になりますが、たくさんお土産を買っていくとなるとそれぐらいの金額になってしまうこともあるのでは?

そんなときは忘れずに免税手続きを取りましょう。

ただ、場所によっては閉園時間ぎりぎりなどでは手続きを断られる可能性もあるので、手続きはお早めに…。

アメリカパークよりおしゃれなグッズが多い気がするパリパーク。楽しく、お得に楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です