【よさこい】9か月ぶりのワクワク…♪

Facebook

6時前に自宅を出て飛行機で神戸入りした私。

関西だと新幹線でも時間距離的には大差ないのですが、ラウンジでのんびりするのが好きなのと新しくなった伊丹空港見たさに飛行機で来てしまいました

まぁ、今年初飛行機だから良しとしよう

今回行く神戸ALIVEのよさこいは演舞は11:25からだというのは確認していたので、ホテルに荷物を置いて、11時頃会場のメリケンパークへとやってきました。

会場に近づくにつれ、音も近くなっていく感覚が懐かしい

まさにお祭りな感じがしますね。ワクワク〜。

天気が良いからか、メリケンパーク自体の人出もそこそこ多いこと。

そして会場に到着すると、しっかりとした囲いが。

今回の神戸ALIVEはチケットがないと演舞が見られないとなっていたからです。

確かに一部隙間から見えなくもないですが、演舞の様子は一部しか見れないのでずっと見る場所ではないな

私は事前にチケットを購入していたので、受付で入退場自由のリストバンドに引き換えて入場。

入場時は検温に消毒、会場内では食事不可(飲むのは可)と対策が取られていました。

(椅子の間隔が30cmぐらい離してありましたが、この距離は適切だったのかな個人的には近いと感じたのだが)

そしてびっくりしたのは椅子の多さ!

ざっと計算する限り、1000席以上は用意されていたのでは。

(VIP席が150席だということを考えても)

ちなみに私はVIP席のチケットを購入していましたなぜなら雨天時でも演舞が観れるので(雨天時は別会場のホールで開催)

私が見ていたのは前から2列目ですが、ソーシャルディスタンスのこともあり踊り子さんとは距離がありました。でも最前列中央の人たちは踊り子さんとの距離がずいぶん近そうな…!

最初の1時間半はダンスチームの演舞、その後はよさこい演舞という構成。

でもよさこいチームは17チームで、演舞は1回のみ。

トータルで2時間もかからないのですよ。

でもよさこい演舞ともなると踊り子さんもチケットを購入して集まってくる!

当初は3割ぐらいかな?という会場の入りも、よさこい演舞のラストは半分以上は埋まっていたように思います。

チームは関西圏のチームさんが多いものの、中には高知や名古屋、そして横浜!?

「横浜百姫隊」さんは1回の演舞のために神戸へ来たのかすごいな。

もう一つびっくりしたのが、東海圏からの参加チームの多さ。17チーム中4チームは結構な割合です

よさこい演舞だけでなく、コスプレパフォーマンスやシンガーさんによる歌の披露なども多かった神戸ALIVE

よさこいだけを目的とした場合は物足りなさもありましたが、まずは開催できたことを喜びましょう。

今回大都市圏のよさこいということで、ここまでリアルかつ有観客のよさこいが行われてきた地方圏とは状況が異なるかと思います。

メリケンパークのような隔離空間でないと、(現状は)大都市圏で有観客は難しいのかもしれないなぁ。

今後時期的にはよさこいオフシーズンに入るので本格的な再開は来年以降になるのでしょうが、特に私の住む関東圏のお祭りは頭を悩ませることになるかもしれませんね。

よさこいと地域ネットワークを研究テーマにしている私としては、地域との共生も見ていきたいところです。

多くのチームが今年の演舞曲初披露。この状況でもちゃんと準備してたんだね…それだけでも泣けるなぁ

ちなみに神戸ALIVE自体は17時まででしたが、所用のため早めに会場を出た私。

用件も終わり、今は宿泊先のホテルでのんびりです。

ということは、帰るのはまだ先(明日ではない)なのですが。

年内はあと1回ぐらい見に行けるかな行きたいな。

(よさこい開催情報をお持ちの方、情報お待ちしております!)

とりあえず開催できて良かった!この状況下でも何とか開催にこぎつけた主催の「颯爽JAPAN」のみなさんには感謝です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です