【よさこい】マラソンなの?よさこいなの?

Facebook

今週末は沼津、真鶴、町田、北本、小見川…と、秋のよさこい的には最後ぐらいのかぶりぶり!

ですが、私は地元・横浜マラソン参加のためどこも回避しました…仕方ない。

が、横浜マラソンにはよさこいの応援演舞がある!

しかも今年は応援演舞が前日受付でも行われるという情報をキャッチし、前日受付から張り切って行ってきました。

よさこい開始30分ほど前に付き、受付をしてゼッケンをもらい、若干早足でEXPO会場を巡る私。

まずはメインステージで、中途半端な12:57〜13:00という3分間だけ行われるという演舞を観てきました。

ちょうど13時から横浜マラソン攻略法という説明会的なものが行われるので、その前座的な役割だったようです。

時間も3分しかないので、「K-One動流夢」さんの演舞曲の短縮バージョンで、サクッと終了。

このために短縮バージョンの曲を作ったのか?と思うほどの短さでした。実質2分ぐらいしか踊る時間ないはずだったので…

その後、改めてEXPO会場を散策しながら逆走し、入口付近へ。

今年は給水所の再現が置かれており、そこで演舞が行われるというもの。

横浜マラソンは「給水パフォーマンス」といい、給水所で音楽やダンスなどのパフォーマンスが行われます。

10分ほど前に来たものの、まだ見ようと集まっている人はおらず。

向かい側の展示の前で待っていると、「坂戸楽天」まこっちさんとJunJunさんが!

まこっちさんが横浜マラソン参加ということで、ゼッケン受け取りでJunJunさんとともに見に来ていたのです。

ここでも「K-One動流夢」さんがオリジナル曲3曲と東京五輪音頭を披露。

踊り子さんは衣装の早着替えに忙しそうでしたが…他のチームが参加するものかと思ったら、参加じゃなかったのね。

こちらもスペースが狭いので、踊れるのは10名ほど。だから1チームだけなのかな

終了後はEXPO会場を3人で散策し、別れたのでした。

明けて翌日は快晴!

朝は寒かったものの、昼間は暑いぐらいの横浜となりました。

私は中盤ブロックからの参加でしたが、諸般の事情でタイムロスが多く、コース中盤でも関門締切10分前に通過という状態でした。

でもよさこいの応援演舞が近づいてくるととたんに元気が出るもの。

35km手前で遠くにフラフっぽいものが見えてロックオン!

一気にギアが入りました。

給水所手前にはこんな看板も!おぉ〜

ちょうど私が行った時には「濱ばとん」のお子さんたちが演舞中。

流れている曲が東京ディズニーシーの過去ショー「ボンファイヤーダンス」だったので、そちらに大いに反応してしまいましたが…!

今年の会場はかなり広いスペースを用意してもらえていたようで、かなり奥でもフラフを振ることができる感じでした

他にも前日に演舞を披露していた「K-One動流夢」さんや「祭・WAIWAIよこはま」さんなど、横浜のチームさんを中心に多くのチームが声援を送っていました。

ウルウル…よさこい関係者としては嬉しくなる瞬間です。

「どんCOCO」さんなんて平塚のチームなのにわざわざ来てくれて嬉しい限りです。

踊らないチームのみなさんはこんな感じで応援を。手作りの応援グッズまで!

そこで元気をもらった私は、結局6時間弱かかりゴールしました。

とりあえず無事ゴールできてよかった…。

今年のメダルは特にカッコ良かったのでぜひゲットしたかったのです。

という感じで、よさこい界の特にニッチな週末(笑)を過ごしてきた私でした。

真ん中がフルマラソンの完走メダル。中央の透明なところにベイブリッジと赤レンガ倉庫が描かれているんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です