【舞浜レポ】メキシカンなダッフィーに会いに行こう!「サルードス・アミーゴス!グリーティングドック」

Facebook

東京ディズニーシーにはいくつかのグリーティング専用施設があります。

ここに行けばキャラクターに確実に会えるというのは嬉しいところ。

これらの施設はコロナ後は実質抽選制となっていましたが、入園者数を絞っている現在(今のところ6/20まで)は並べば確実に会えるようになっています。

今回はその中でも「サルードス・アミーゴス!グリーティングドック」をご紹介します。

メキシカンなダッフィーに会えるという珍しい施設ですが、どんなところでしょう?

1. 「サルードス・アミーゴス!グリーティングドック」とは?

シーの奥のエリア「ロストリバーデルタ」にあるグリーティング専用施設がこちら。

「サルードス・アミーゴス!」とは、スペイン語で「ようこそ、友達!」という意味だそうです。

ここからも歓迎感が伝わってきますね。

ここと隣のレストラン「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」(休止中)がメキシカン系ということもあり、中はラテンアメリカの要素が強くなっています。

ここがオープンした当初はドナルドのグリーティングが行われていましたが、現在はダッフィーのグリーティング専用施設となっています。

(ドナルドは同じエリアの「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」に移動しましたが、現在は休止中)

2.施設内はメキシカンな要素がいっぱい!

ここからは写真で施設内の様子をご紹介します。

なお私が行った日は平日夕方(17時ごろ)30分待ち。

ソーシャルディスタンスを取る都合、かなり列が長めになっていますが、進みはサクサクしています。

実際は25分ぐらいで会えました。

ダッフィーがここにやってきたときの様子が壁画になっています。ミッキーとともに歓迎されたようですね
他の民芸品に混ざってダッフィーも!さほど違和感がありません…
楽器のコーナーもあります。ギターやマラカスなど
エリア名「ロストリバーデルタ」(失われた川)というのもあり、近くには川が。施設のすぐそばは湾のようになってます。グリーティング施設の隣はトランジットスチーマーラインの乗り場です
市場をイメージしている施設でもあるので、花の屋台も
ここの民芸品の屋台にもダッフィーが!
頭上のバナーはドナルドのグリーティング時の名残なのか、ドナルドやホセ・キャリオカ、ミッキー などの姿が
こちらがダッフィー!このコスチュームも様になってますね

いかがでしたか?

スタートした当初は「ダッフィーとメキシカン」という感じがしましたが、慣れると無問題でしょう。

特にキューライン(待ち列)のメキシカン雑貨がかわいらしいので、見ているだけでも飽きないというのもあります。

みなさんも機会があったら会いに行きましょう!

工事を経て5月のGW明けに再開したこちら。待っている間も楽しいところです。機会があれば!

Post Author: summy

ディズニー、よさこい、見切れ写真など、ともかく何でも面白がってやっちゃうSummyのブログです。 次はこんなことも、あんなことも?!と面白がってご覧ください。 Let's Fun to the WORLD!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です