【舞浜に行こう】当日編(23) パークを満喫! その16 どこにある?探すと楽しい「隠れミッキー」

Facebook

パークについてよくテレビや雑誌などでご覧になっている方なら、一度は聞いたことのあるフレーズだと思います。
それは「隠れミッキー」。
その名の通り、ミッキーがいろんなところに隠れているんです。
アトラクションの中から、パーク内の道端で、あるいはパークのショッピングバッグまで。
無数にいる隠れミッキー、アトラクションを巡りながら探すのもまた楽しいですよ。

今回は、隠れミッキーとはなんぞやという話からどこに行けば見られるのか、探し方のポイントまでご紹介します。

1.隠れミッキーとは?

隠れミッキーは、元々パークのアトラクションの開発や設計、デザインを担当する「イマジニア」というキャストの遊び心から生まれました。
(英語では「ヒドゥン・ミッキー」)
パークのデザインがてら、パーク内外のあちこちにミッキーの顔を意図的に配置したのです。
世界初のディズニーパークとなるカリフォルニアの「ディズニーランド・パーク」から始まり、現在では全世界のディズニーパークに何かしらの隠れミッキーが描かれています。

2.どんなミッキーが描かれているの?

「ミッキー」が描かれているといっても、色んな形で描かれています。

・大きな丸の斜め上に小さな丸を2つ描いたオーソドックスなミッキーフェイス(これが最も多いと思われる)
・ミッキーの横顔
・ミッキーの全身
・文字
・暗号

文字や暗号などは、慣れない人には全くもって分からないかと…。
オーソドックスなミッキーフェイスが一番分かりやすいでしょう。

3.いくつぐらいあるの?

「隠れミッキー」はいくつあるのか…実は誰も分かりません。
イマジニアキャストが自由に描いているため、誰もその数を把握していないんです。
なので、意図的に隠れミッキーになっていることはもちろん、たまたま配置上隠れミッキーになっていた場合も含めたら、相当な数があるということです。

4.ではどうやって見つけたらいい?

初心者にはなかなか難しいものが…。
ただ、これまでの傾向を考えると、こういうところによくある気がします。

・石畳の石
・壁の模様の中
・壁のイラストの中

あちこち動き回らなくても見つかるもので一番分かりやすいのは、パークで買い物をするともらえる無料のショッピングバッグでしょう。
スペシャルイベントごとに描かれたイラストの中に隠れミッキーが入っていますよ。
もらったら、じーっと見てみましょう。

5.待ち時間を利用して探そう

アトラクションの待ち時間を活用し、周辺の壁のイラストや模様をよく見てみましょう。
あっ、というところで見つけられますよ。
レストランの壁も食事中ふと見たら見つけられた…何てこともあるかもしれませんね。
たまに雑誌で「隠れミッキークイズ」をやっていることもありますし、サイトさんによっては探してきた隠れミッキーを紹介していたりしているところもあります。
パークに行く前に確認し、来園したらどこかな?と探してみましょう。

6.通な楽しみ方?隠れミッキー探し

何度もパークに来ている方なら、一定の時間を隠れミッキー探しに充ててみるのもいいですね。
散歩を兼ねてパークを歩いてみては?
パークの花々や植栽を見つつ、隠れミッキー探しをするのも楽しいですよ〜。

さて、次回はパークのスナックの定番・ポップコーンに注目してみましょう。
ポップコーンをあなどるなかれ!塩とキャラメルだけじゃないよ!!

Post Author:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です