【上海レポ】高所恐怖症でもいけるか!?人気No1「ソアリン」

Facebook

ご存知の方はご存知でしょうが、私は結構な高所恐怖症です。
どれぐらいのものかというと、東京・ランドの「カリブの海賊」の最初の落下が嫌で、もう何年も乗っていないぐらいです。
飛行機はだいぶ慣れてきたものの、風を切って乗る乗り物はもってのほか。
そんな高所恐怖症な人が上海No.1人気アトラクション・ソアリンに乗ってみました。

1.ソアリンとは

グライダーのようなものに乗って、世界の著名な観光地を巡るものです。
グライダーのようなものと言いましたが、乗るのは室内。
巨大スクリーンで世界中を旅しているような感覚になれます。
ただ見るだけではなく、映像に合わせて風を切ったりいい匂いがしてきたりするのも特徴です。
カリフォルニア、フロリダにもあり、再来年(2019年)には東京(シー)にも登場します。

なお、上海では一番の人気のアトラクションであるソアリン。
混雑期はスタンバイで210分待ちなど、シーの人気アトラクション「トイストーリー・マニア」並みに並びます。
ファストパス対応ですが、一番ストレスが少ないのは朝イチに行って並ぶことかと。
なぜなら、システム調整でストップすることが多く、ファストパスの発券を行なっていない日もあるからです…!!
今回私は朝イチに行って、20分待ちで乗れました。

ちなみに私は15年前にカリフォルニアのものに乗っていますが、その時は卒倒しかけて後の乗り物にしばらく乗れなくなる体たらくぶり。
そのため、今回同行した友人に乗りたいと言われて一瞬凍りついたのですが、一人で乗ってもらうわけにもいかなかったので、勇気を出して乗ることにしました。

2.乗ってみたらどうだったか…

・低空飛行のところならば大丈夫
・地面との間があまりに離れているところや風が吹いてくるところは恐ろしくて目をつぶる

15年前に体験した、カリフォルニア版ソアリンより怖い思いをせずに済んだ気がしました。
あの時の方が地面との距離があるシーンが多かった記憶があります。
体験後、歩けないとかそんなこともなく、一安心でした。

完全に地面に足がついていないと嫌、という方には厳しいかもしれませんが、飛行機は問題なく乗れる、という方なら大丈夫そうです。
これはダメだ、という場面は目をつぶって乗り切りましょう!

こちらは乗車前の注意アナウンス。実際のアトラクションはぜひ体験してみてください!

☆Summyに東京、香港、上海パークについて相談したい時は…
こちらで承ります

「【上海レポ】高所恐怖症でもいけるか!?人気No1「ソアリン」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です