【WDWへの道54】一気にこんなに会えるなんて!「エプコット・キャラクタースポット」

Facebook

東京のパークは1キャラクターに会うのに列に並んで数十分、また次のキャラクターで数十分、と結構待つもの(フリーグリーティングのように列に並ばないタイプもあります)。
が、ウォルトディズニーワールド(WDW)のエプコットにある「エプコット・キャラクタースポット」はなんと一気に6キャラクターに会えてしまうというキャラクターグリーティング施設なんです。
ん、どういうところなのか?
詳しくご紹介します!
(WDWのグリーティング全体についてはこちら)

1.エプコット・キャラクタースポットとは?

エプコットのフューチャーワールドにあるエプコット・キャラクタースポット。
その名の通り、ディズニーのキャラクターに会えるのですが、2つのエリアに分かれています。
一つがミッキー、ミニー、グーフィーに会えるスポット。
通りを挟んでもう一つがベイマックス、「インサイドヘッド」のヨロコビとカナシミに会えるスポット。
全部で6キャラクターに会えるとは!
しかもベイマックス、ヨロコビ、カナシミは日本で会えないキャラクターなので貴重ですね。

WDWのアプリより。赤丸がミッキーたちに会えるところ、青丸がベイマックス、ヨロコビ&カナシミに会えるところです

2.ミッキー&パルズに一気に会える!?

こちらの特徴といえば、ミッキー、ミニー、グーフィーが横一列に並んでグリーティングしており、一度並べば一気に3人とグリーティングできること。
WDWの他のグリーティング施設では2人というのは見かけますが、3人というのはここだけです。
しかもファストパスプラスに対応しており、ファストパスプラスを利用すれば5分ぐらいで会えてしまうというのがすごいところ。
これは待つのが苦手なお子さんなどもぜひ行ってもらいたい!
ちなみにスタンバイだと30〜40分待ちといったところでした。

順番としては最初にミッキー、
次にグーフィー、
最後にミニーちゃんの順で会えます

各キャラクターの背景はモノレールやスペースシップ・アースなどエプコットの名所が!
こちらも良く観察してみましょう。

遠目からグーフィーのスポットを取るとロケットモノレールが
ミニーちゃんのところはフューチャーワールドということで未来を示しているのかな?

3.日本じゃ会えない!ベイマックス&ヨロコビ&カナシミに会おう

こちらはファストパスプラス非対応で、ベイマックスの列とヨロコビ&カナシミの列に分かれています。
ベイマックスは20分ぐらい、ヨロコビ&カナシミは50分ぐらいと、ヨロコビ&カナシミのほうが圧倒的に待ち時間が長いです。
たぶん、1組ずつ広いグリーティングスペースに通されるからではないかと…。
しかもヨロコビとカナシミの対称的なキャラクターが現れています。
ぜひ良く絡みましょう!
また、ベイマックスのスタンバイ列は、舞台となっている「サンフラントウキョウ」の街のポスターなどが貼られています。
日本語があるので何だか親近感が…しかも面白い!

ベイマックスのエリアは東洋風のちょうちんが灯りになっています
すごい映画のタイトルだな…ケンタッキー怪獣って…!
どんなラーメン屋さんなのだろうか?
きたよ、ポヨンなベイマックス!ぜひハグしてもらいましょう
ヨロコビ&カナシミのエリアは映画のシーンのよう!
ほんとに対照的な2人です…ヨロコビはほんとにひょうきん!

というわけでここではエプコットキャラクタースポットについてご紹介しました。
特にここは豪華な布陣に会えるチャンス!
ぜひしっかりと触れあいましょう!
※ここに加え、エプコットのフューチャーワールドではデイジーとグリーティングできますよ(デイジーのグリーティングはエントランス付近で実施)。

細かなネタがいくつもあるので、そこにも注目してみてくださいね

「【WDWへの道54】一気にこんなに会えるなんて!「エプコット・キャラクタースポット」」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です