【上海レポ】気分はブルーバイユー!?カリブ感も味わえるレストラン

Facebook

上海ディズニーランドには海賊たちのエリアである「トレジャー・コーブ」があります。
エリア全体が海賊感溢れる感じで、とても楽しいところです。
また、凄まじい臨場感を味わえる上海版カリブの海賊「パイレーツ・オブ・カリビアン」があるのもこちらです。
その中でも今回、うちの相方がどうしても行きたいというので、トレジャー・コーブにあるレストラン「バルボッサ・バウンティ」に行ってきました。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」に隣接したレストランということで、東京ディズニーランドの「ブルーバイユー・レストラン」のような光景が船から見えるのがとても気になっていたようです。
実際に水辺の席に座ってノンビリ過ごしてみましたが、思った以上に快適でしたよ。
今回はどんな雰囲気だったか、料理と合わせてご紹介します!

1.バルボッサ・バウンティとは

トレジャー・コーブで唯一の座席のあるレストラン(他はワゴン形式です)。
エリアの特性をよく表した、海賊感溢れるレストランです。
一番の特徴は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のアトラクションに乗車した人たちを見送りながら食事をできること。
よくできた雰囲気かと。

食事はワイルドな肉料理が10種類ほど。
お子さんのメニューも含めると、結構な種類があります。

3つのカウンターがあり、それぞれメニューが頭上に表示されています。注文はカウンターごとに表示されているもののみ可能です
魚介のメニューもあるので、お肉が苦手な方もご安心を!
カウンターで料理を注文・受け取り、別にあるレジでまとめて精算します。

行ったのが土曜日ということもあり、注文まで結構待ちました。
14時ごろで15〜20分ぐらい待ったかな。
座席は8割以上が埋まっていましたが、座れないということはなかったです。

2.さて、ブルーバイユーはどんな景色か…??

たまたま水辺沿いの席が空いたのでそこで食しました。
柵がかなり高いので、あまり見られている感はなく食べれて安心しました(笑)。
東京のブルーバイユーレストランより明るいので、そこまで風情があるわけではないですが、テンションは上がりますよ!

ジャン!東京のブルーバイユーもこんな感じでアトラクションに乗っている人たちを見送れますね
柵が高いので、見られている感じにはあまりならないかと
ブルーバイユーはロウソクの灯りだったりするので結構暗めですが、こちらは蛍光灯の灯りなので明るめです
でもダイニングエリアの作りは流石!細かな作り込みが光ります

3.料理はいったいどんな感じか?

私はラムのグリルを注文しました。
結構クセが強いラムでした…苦手な人はダメな系統かと思います。
うちの相方はステーキを注文しましたが、お腹がいっぱいにならなかったと残念がっておりました。
育ち盛りのお子さんには物足らないかもしれません…。

私の注文したラムのグリル。骨があるので、可食部はそれほど多くないです

個人的に一番ビックリしたのは、ホットコーヒー!
今まで上海でホットドリンクを注文したことがなかったのですが、まさかのインスタント!
しかもセルフで湯を入れるというものでした…斬新だなぁ。
ただ、ブラックコーヒーが良かったのに、すでにミルクが入っているというオチ…まだ砂糖入りでなくてよかったですが。
しかも薄い…ホットティーのほうが良かったのかな。

コーヒーを注文したら…まさかのインスタントとは!
レジ奥に給湯機があるので、ここでお湯を入れます。斬新な経験でした…

料理はいまひとつでしたが、雰囲気は中々。
ぜひ雰囲気を味わいにいってみましょう!

レストラン周辺も作り込みがすごく、あちこちで写真を撮る人たちが!そんなところも注目して見てくださいね

「【上海レポ】気分はブルーバイユー!?カリブ感も味わえるレストラン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です