【上海レポ】流石の大迫力!「イグナイト・ザ・ドリーム」を前方正面で見てきたら

Facebook

前回ご紹介した上海ディズニーランド内の高級レストラン「ロイヤル・バンケット・ホール」。
ロイヤルな空間だったでしょう!
特にロイヤルなドナルドが個人的に最高でした…ニヤニヤ。

で、ここで食事をすると、オプションで夜のプロジェクションマッピング&花火の「イグナイト・ザ・ドリーム」の鑑賞券をつけられます。
一人200元(3500円ぐらい)と結構いい金額ですが、待ち時間が少なく良い場所で見れるのがありがたかったです。
今回はどんな風に見えるのか、実際のショー内容とともにご紹介します。

1.イグナイト・ザ・ドリームとは?

上海ディズニーランドの夜のプロジェクションマッピング&花火のショーが「イグナイト・ザ・ドリーム」です。
世界最大のディズニーパークのお城である「エンチャッテッド・ストーリーブック・キャッスル」に映し出される映像は迫力満点!
そこに花火が加わるのですが、上海にはお城の前に噴水があるので、進行に合わせて噴水の様子が変化していくのも見ものです。
が、この噴水は前方にいないとよく分からないという…かと言ってずっと待っているのは大変だしなぁ(待っていると後ろからの割り込みがひどいらしいです…)。

鑑賞場所は赤い囲みのあたり。前には別の鑑賞券を利用した人たちがいました

ということで、今回利用したのが「ロイヤル・バンケット・ホール」の鑑賞券プラン。
これを使えば前方席で、待ち時間少なく、かつストレスが少なく見れるという代物!
どんなところで見れるか楽しみにしてきました。
価格は上記で挙げた通り200元で、鑑賞券とは別に
・ミッキーのポップコーンバケツ
・ミニーのポップコーンバケツ
・ラプンツェルのスーベニアカップ
のいずれか1つがついてきます。
ラプンツェルのカップがなかなか見た目怖いんですよ…どんなのかは下の写真をご覧ください。

右が鑑賞券プラン。遠目で見るとまだいいんですけどね…
代表者はシールを貼られます。エリアに入る際の確認になるので、終了までははがさないように!

2.実際、どういう風に見えるのか?

ここからは実際に見てきた様子をご紹介します。
なお、この日は強風で花火なしバージョンでした。
そのため、少々迫力に欠けますがご了承の程…。

ストーリー内容としては、ミッキーがディズニー映画の世界を旅してくという内容になります。
1日1回、所要時間は20分間です。

派手な感じで始まりますが、最初は地味…
ミッキーがルンルンとやってきて、最初に行ったディズニー映画の世界は…
ライオンキング!動物たちがたくさん横切っていきます
このシンバは強烈だなぁ…
ミッキーが動物たちについて行って次はどこへ…??
リトル・マーメイドの世界に!アリエル!
ちょっとぶれているが海の仲間たちも!
海つながりということで、このドクロが登場ということは…
ジャックなスパロウさんが戦います!
ミッキーが次にやってきたのは…
ムーラン!中華圏が舞台になっているので長めです
そして音楽が変わり、スターウォーズの世界へ!
BB-8がかわいらしい!
そしてアナ雪!最後の感動的なシーンが登場します
アナ、無事だったのね!心温まる最後のシーンです
ここからは怒涛のエンディング!ここまで登場したディズニー映画がダイジェストで登場します
噴水もより変化していきます。さらに前方にいる人たちは風向きによっては濡れるんじゃないか?
通常ならばここで怒涛の花火なのですが…今ひとつ迫力に欠ける
終了後のお城も美しいですよ。終了すぐは出口が混雑しているのでゆっくり向かいましょう

ちょっと行くのに出遅れ、到着は15分前でしたが、混雑しておらず、かなり見やすい場所を確保することができ、とても満足する鑑賞となりました。
これで花火が上がったら迫力満点なんだろうなぁ。

でも、ロイヤル・バンケット・ホール、かなり高いじゃん…。
そんな方にはもう一つ「ワンダリング・ムーン・レストラン」でも同様のサービスを行なっていますよ。
こちらなら100元ぐらいで食事できるかと。
予算が…という方はこちらもご検討ください!

こちらは2017年4月に見たイグナイト・ザ・ドリーム。本来であればこの調子で花火がバンバンと…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です