【香港&上海レポ】8日以上旅をする人向け!中国でも安心して使えるSIMカード

Facebook

私のメインマシンのiPadはSIMフリー端末。
そのため、海外に行く時には、たいていSIMカードを入れ替えて通信を行なっています。
今回は上海と香港に行くにあたり、9日間という長期間。
今まで利用したものは7日間までが最長だったので、期間が足らないぞ…。
しかも中国でも(検閲が入る)FacebookやGメールなども使えるようにしたい!

というわけで、今回どんなSIMカードを買ったのかご紹介します。

1.こんな方にオススメ

・8日以上30日以内の旅である
・香港も上海(もとい中国国内全域)も旅をする
・SIMフリー端末である
・中国国内でもFacebookやLINE、Gメールなどを利用したい
・日本でSIMカードを入手したい

2.どんなSIMカードか

Amazonで「香港 SIMカード」と検索すると出てくる、「【Three】 中国・香港・澳門 プリペイドSIMカード 30日間 4G/3Gデータ通信2GB」のSIMカードです(どんなのかは写真をご確認ください)。
価格は1枚1280円。
だいたい3、4日で届きましたよ。
なお、データ通信専用で、通話はできませんのでご注意ください。

こちらがパッケージとSIMカード。カードは右のを切り取って使います

3.使い方

日本語説明書がついてくるので詳しくはそちらを見ていただくとして、
(1)電源を切り、SIMカードを入れ替える
(2)電源を入れ、「設定」の「モバイルデータ通信」をタップ
(3)「データローミング」をONし、少し待つ
と簡単に設定できます(iPhone、iPadの場合)。
入力が必要な場合もありますので、詳しくは日本語説明書をご確認ください。

4.使用感は…!

(1)上海

パーク内はそこまで問題になることはありませんでしたが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の乗り場近く(建物の奥の方)に行くと、少々電波の調子が悪かったです。
これはほかの端末でも同じ気が…。

それ以外のレストランなどでは全く問題なし!日本と同じように使えます

パーク外でも特に問題はありませんでしたが、一ヶ所問題になったのはホテル。
通信にかなり時間がかかり、作業に支障が出ていました。
前回別のSIMカードで、同系列の別のホテルで利用したときには全く繋がらず困ったので、ホテルとSIMカードの相性があるのか?と考えたほどでした。

ホテルは本当に困ったな…今回はやな予感がしたので、重要なことは外ですることに

(2)香港

パーク内では問題なく利用できました。
パーク内Wi-Fiが混雑しているときは普通に回線をつなぎましたが、その時でも問題になることはなく。
パーク外でも特に問題なかったですよ。

香港も街中など行きましたが、問題になることなし!安心して使えました

5.注意点

(1)日数の割に容量少なめ

最長30日まで使えますが、30日間で2GBは少ないのでは…。
ちなみに、今回私は9日間で1.7GBの利用量でした。
私は普段からFacebookやGメールを多用するので、上海ではWi-Fiをつながず、この回線のみ丸3日間利用して1.1GBでした。
が逆に香港では街中やホテルのWi-Fiも使い、5.5日間で0.6GBの利用量で抑えた感じです。
Wi-Fiをうまく活用していくのが大きなポイントとなるかと思います。

(2)チャージはできるが…

上に関連しますが、容量が足らなくなればチャージはできます。
が、日本での販売会社のサポートはないのでご注意ください。
英語がわかればチャージはできると思います。

夏休みなどに1週間を超えて上海や香港に行くということもあるのでは?
そんな時にSIMフリー端末なら、SIMカードを入れ替えるだけでお得に通信できますよ。
特に長期間の滞在になる方はこちらもご検討ください!

「【香港&上海レポ】8日以上旅をする人向け!中国でも安心して使えるSIMカード」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です