【香港レポ】東京では会えないアナ&エルサに香港でどうしても会いたい!

Facebook

根強い人気の「アナと雪の女王」(アナ雪)のアナとエルサ。
東京ではエレクトリカルパレード・ドリームライツで会えますが、実際にグリーティングできる場はありません。
上海もアナ雪のショーは行われていますが、グリーティングはなし…。

ですが、香港では彼女たちに会えます!話ができます!
これはアナ&エルサ好きのお子さんにも嬉しいですね。
今回はこのアナとエルサのグリーティングに絞ってご紹介します。

1.アナとエルサにはどこで会えるのか

2017年12月にオープンした「ロイヤル・プリンセス・ガーデン」で会うことができます。
ここはグリーティングスポットをはじめ、プリンセスに変身できる「ビビディバビディブティック」やプリンセスグッズを販売しているショップもある複合施設と言ったほうがいいかもしれませんね。
特に小さい女の子には嬉しくなってしまうポイントがたくさん!

ここのグリーティングはアナやエルサだけでなく、白雪姫やシンデレラ、オーロラ姫などディズニーのたくさんのプリンセスに会えるところが魅力。
私はオープン日に行き、1時間で4人のプリンセスに会ったということもありました。
今は流石に混んできているようです。
(オープン時に行った時の様子はこちら)

2.アナとエルサはどんな感じ?

アナは映画の通り元気な感じ!
会えたのは短い時間でしたが、アナからはパークを楽しんでね、と言ってくれました。

快活なアナ!プリンセスの中でも元気めですね

エルサはもの静かで上品な感じ。
大人の私はあっさり終わりましたが、小さい女の子にはゆっくり丁寧な対応でしたよ。

エルサと私。こういうポーズを取るのが苦手な私です…

3.注意点

(1)毎日グリーティングしているわけではない

実はアナとエルサのグリーティングは毎日行われているわけではありません。
土日はだいたいやっているイメージがありますが、それも確実ではないんだろうなぁ。
グリーティングが行われるか否かは当日朝にならないと分からないので、入園したら早めにアプリやウェブサイトで確認するか、メインストリートUSAの「シティホール」でグリーティングの有無を確認しましょう。

(2)早めの打ち切りも!出来るだけ早く並ぼう

重要なのはここ!
開始10分前に行っても打ち切っている可能性が高いということです。
私は土日に行きましたが、土曜日は15分前に行っても並べない…!
香港と中国はメーデー(労働節)の連休、日本はゴールデンウィーク前半でパーク全体に人が多かったこともあるかと思います。
それを教訓にし、日曜日は35分前に並び、何とかセーフ。
5分後にはすでに打ち切っていたようなので、30分前では遅いと思われます。

並ぶ前には近隣のグーフィー&プルートとグリーティング。グーフィーのいたずら?に大笑いしてたのですが…!

(3)後半に並ぶととにかく「巻き」になる

折角だからアナとエルサに色々話を聞いたり、サインを書いてもらったり…としたいところですが。
並んでいる人数が想定以上に多いのか、それとも前半の人たちはゆっくりグリーティングしていたからか、後半に並んでいた人たちはとにかく急ぎ目になります。
私がアナと会えた時にはすでにグリーティング時間(20分)を過ぎていました…。

お子さんには巻きながらもゆっくり対応していましたよ。かと言って急ぎめにはご協力を…!

4.当日はどんな風に動いたか…?

私の当日の動き(2018.4.29(日))はこんな感じです。
14:10 並び始める(すでに列は建物外まで伸びてました)
14:15 このころには並べなくなっていたはず
14:45 グリーティングスタート、ようやく室内へ
(15:05 グリーティング終了時刻)
15:10 ようやくアナとグリーティング
15:15 エルサとグリーティング

グリーティングできる時間が20分間と短いので、並べる人数も少なめ…だと思うのですが、希望者が多いからか、はてまたパーク的にもこんなに並ぶのは想定外だったのか、待つ時間はかなり長いと思います。
これから暑くなる季節に外で待つのはしんどいかと思うので、お子さんと行かれている時は一人が並んでお子さんたちは室内へ…など臨機応変な対応が必要になってくると思います。
ただ、それだけ並んでアナとエルサに会える喜びもまた格別かと。
アナやエルサが大好きな方はぜひ!

折角なので、会話も楽しみましょう!プリンセスは分かりやすくゆっくりとした英語で話をしてくれますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です