祝祭前日の高揚感はゆったりと

Facebook

(ん、何だこの怪しげな雲は…?)
JR桜木町駅に着いたとき、みなとみらい方向はこれから雨でも降るのか、という感じの黒い雲に覆われていました。
こ、ここで雨降られると困るんだけどね…!
みなとみらいで若干買い物し、横浜開港祭のメイン会場である臨港パークへと向かいました。

臨港パークは横浜のコンベンション施設・パシフィコ横浜の奥にある公園。
私がここに来たのは…一昨年の横浜マラソンの時以来かな。
横浜市民なのに、それぐらい縁遠い場所だったりします。
パシフィコ横浜を超えたあたりから音楽が聞こえてくる!
歩いていくと、芝生でボール遊びをしている子どもたちなど、のんびり感が漂う感じ。
私が到着した頃はまだ前の演目が行われていたので、出店をチラチラ見たり、海を眺めたり。
おぉ、ベイブリッジ〜。

前の演目が終わった頃に会場となるステージへ。
ステージの裏は海で、海風も心地よい!
18時なので日暮れの感じが(この頃は日が差していました)いい感じだね。
観覧スペースは芝生ということもあり、何だかのんびり感が漂っていました。
私は立っている人が多い隅っこのほうで見ることに。

そして演舞スタート!
どこかで聞いたことのある声だったのはFMヨコハマのDJさんが司会とは…!
簡単な紹介の後演舞がスタートするのですが…、これは何だろう?
多分一番メインで動いているのが地元の「K-one動流夢」さんだと思うのでみなさんの演舞か?と思ったら2曲目からは他のチームさんもいる…??
特に紹介もないので、頭の中は???で進んでいきます。
しかし、観客のみなさんはそんなことお構いなしに楽しそうに見ている…いやいや、それが正しい楽しみ方です。
3曲目が終わったところで「開港3部作」というものだとアナウンスされました。
な、なるほど…明日の開港記念日にかけて!

何だか分からないけどとりあえず見よう、分からないなりに考えよう、というスタンスのよさこい研究者。ただ、若干混乱…!

その後はチーム演舞に。
アナウンスの紹介はあるものの、煽りの方の挨拶はないのでテンポ良く進んでいきます。
横浜のチームさんは仲良しなので、チーム演舞前後の声援も活発でした。
そんな様子をいいなぁと思いながら見ているよさこい関係者の横浜市民(笑)。
演舞したのは6チームぐらいだったかな?

前半は流石にまだ明るかったですなが…
最後の方は夜景もきれい!海風も心地よいです

最後は総踊り!
横浜の総踊り「横浜いーじゃん」を踊るのかと思いきや、最初が相模原の「よっしゃこい(相模原乱舞)」でびっくりするという…ま、ま、相模原のチームさんもおられたけどね。
総踊りのみのチームさんも楽しそうに踊っておられました。
そして最後こそ「横浜いーじゃん」でシメ。
プログラムには1時間10分と書かれてましたが、実際には10分ぐらい早く終了。
ず、随分巻きでの進行だったのですね…!

よさこいの後の「ディスコナイト」も楽しそうな感じがしましたが、その後の予定があったので早々に失礼した私でした。
はじめての横浜開港祭でしたが、過ごしやすく、1時間という短い中でも充実した感じでしたね。
観客のみなさんも楽しそうだった!

そして今日が横浜の開港記念日当日。
今日はメインの花火大会があったのですが、外出していた私は見れず。
ちょうど花火が終わった良いタイミングに横浜駅にいます。
混み合う前に帰るぞ!

初めて行きましたが、横浜市民的に楽しめるところがたくさんありました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です