【舞浜レポ】ロストリバーデルタの新イルミネーション(シー)

Facebook

今年の東京ディズニーシーは新ショー「イッツ・クリスマスタイム」で大盛り上がりですが、それ以外のところも盛り上がっていますよ。
ショーもご紹介しますが、今回は「インディ・ジョーンズ」「レイジングスピリッツ」などがあるシーでも奥のエリア「ロストリバーデルタ」のイルミネーションについてご紹介します。
というのも、今年から新イルミネーションが導入されたんです。
どんな感じか、写真を中心にご紹介します。

1.どんなイルミネーション?

これまでのイルミネーションはエリアの特性も鑑み、メキシコなど中米系のイルミネーション「フィエスタ・デラ・ルース」が行われていました。
今年もその方針はそのまま、「FELIZ NAVIDAD」という形にリニューアル。
これはメキシコを舞台にした映画「三人の騎士」の主人公・ドナルドダック、ホセ・キャリオカ、パンチートの世界観を存分に出したイルミネーションになっています。
特にレストラン「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」周辺が多くなっていますよ。

2.どんな感じかご紹介

ここからは写真にてご紹介します。
昼もいいですが、やはり夜がおススメ。
個人的には、人が減る花火後の観覧が良いかと(20時半過ぎ以降)。
ただ、ライトアップされていないものもあるので、できれば昼と夜両方行くのが良いでしょう。

インディ・ジョーンズ方面に向かう橋。ここが公式サイトの紹介に使われているのですが、うまく撮影できず…
ドナルドダック、ホセ・キャリオカ、パンチートの三人が並んでいるここはフォトスポットになっていて大にぎわい!夜は…
キラキラして美しい印象。少し距離がありますがおススメですよ
こちらはカメラマンがいるフォトスポット。昼はかなり行列になっていてなかなか撮れず…!
昼はメキシカン風のクリスマスツリーですが…、
夜になるとキラキラに。メキシカンはちょっと薄れるかな
バナーもドナルドダックたちが使われているものが飾られていますよ。探してみましょう!
これまでも置かれていた缶に穴を開けてキラキラ光る…というものも
こちらも昨年までより継続のロストリバーデルタのツリー。実物もあるので探してみてくださいね
3人をイメージしたメキシカンな帽子も。かわいいな、これ

いかがでしたか?
シーというとイタリアやアメリカのイメージがありますが、ロストリバーデルタのようにメキシコなど中米圏の色彩のところもあるんですよ。
そんな雰囲気を感じながら回ってみましょう!

最近人気上昇中のホセ・キャリオカとパンチート。ぜひこの3人の姿を見に行ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です