【舞浜レポ】イッツ・クリスマスタイム!(シー)

Facebook

今年の東京ディズニーシーのクリスマスは新ショーがスタート!
このショー、スタート前からかなり話題になっていました。
白いコスチュームがかわいいとか、東京パークでは珍しく生歌で披露とか…(しかも季節ショーで)。
見に行ってみましたが、構成的にかなり大人なショーという感じがしました。
今回はどんな感じのショーかご紹介します。
なお先に謝っておきますが、今回の写真および動画は逆光でかつ後方席でかなり見づらいです…!

1.イッツ・クリスマスタイムとは?

今年からスタートしたシーのクリスマス期間限定ショーがイッツ・クリスマスタイム。
このショーはクリスマスソングに合わせて、様々なクリスマスの様子を紹介していきます。
25分ほどのショーの間に10曲以上登場とはなかなかボリューミーだなぁ。
一般的なクリスマスソングからその曲も使うのか!というびっくり選曲まで、音楽好きな人には楽しめるかと。
しかもシンガーさんによる生歌というのは東京のショーとしては貴重です。

そしてこのショーのもう一つの見所といえばコスチューム!
白を基調としたもので、ショーモチーフのぬいぐるみバッヂが早々に完売になるぐらいの人気になっていました。
華やかなコスチュームなのでそのあたりもしっかりご覧くださいね。

なお、このショーはミッキー広場、リドアイル、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ前の3エリアで抽選が行われます。
このエリアで見る場合は抽選に当たらないと見れません。
(ミッキー広場は後方立ち見もありますが、前方にも立ち見ができるのであまりオススメできません)
1日2回公演で、所要時間は25分ほどです。

2.ショー内容をご紹介!

ここからはショーの流れに沿ってご紹介します。
最後に動画もあるので、動画も合わせて見ていただくと面白さが増すと思います。
(再度謝りますが、見づらくてごめんなさい…)

オープニングはカイトが登場!ハーバー内にはツリーが2つ登場します
本ショーのテーマソングを歌いながらシンガーさん登場。男女2人です
ミッキー&ミニーも登場し、さらに華やかに!
2曲目は「イッツアワンダフルタイム」ミッキーとミニーがダンスを披露します
3曲目が「恋人たちのクリスマス」。ここでマライア・キャリーが歌われるとは!
雪が降る中グーフィー&マックス親子が登場。「レット・イット・スノー」が流れ、ダンサーさんとともに踊ります
クラリスが登場して「サンタ・ベイビー」を。しっとりとした感じに
チップとデールも登場し、より華やかな感じになりますよ
プルートはトナカイたちと「赤鼻のトナカイ」を。ん、ランドのクリスマスのパレードと同じ展開…!
トナカイの帽子を被ったダンサーさんがタップダンスを披露します
続いてベルを持ったデイジーとドナルドが登場し「ジングルベル」を。ここのダンサーさんの数が半端なく多い!
ドナルドのコスチュームもカッコいいんですよ〜もう少し近くで見たかったなぁ
この場面の後半ではラインダンスの披露も。迫力満点!
ミッキーとミニーを探すプルート。このシーンで「ウェルカム・トゥ・クリスマス」が。泣ける…!
最後に本ショーのテーマソングと「We wish a merry Christmas」が流れてエンディングへ
エンディング。かなりダンサーさんが多いのが伺えます。
そしてダッフィーたちは最後の5分ぐらいのみ登場。サンタさんと船に乗って登場します。最後はミッキーたちもこの船に乗って退場
かなり忙しい感じのショーですが、一緒に遊ぶ感じではないのは最近のショーでは新鮮な気がします

いかがでしたか?
シーらしい、大人っぽいショーだったのではないかと思います。
個人的には「恋人たちのクリスマス」の選曲もさておき、シー初期のクリスマスショーで使われていた「ウェルカム・トゥ・クリスマス」が使われていたことに感涙ものでした…しかも素敵な場面で。
このショーはできれば前方で、しかも当選エリアで見れるといいかと。
ぜひ当てて見てきてください!

これは本当に前方で見たら迫力満点かと…次行った時は前方で見るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です