街全体が復興市

Facebook

私にとって西武線は未知の世界。
よさこいの用で乗るのも圧倒的に東武が多いものなぁ〜。
しかし今回は昨年9月の所沢以来の西武。
ちょっと西武づいているか!?

横浜方面からは東急と東京メトロの直通運転が行われているので、途中1回乗り換えて2時間ほどで飯能に到着。
18年前に秩父に行ったことがあるのでそのときに飯能で電車の乗り換えをした記憶があるのですが、こんなにきれいだったの!?と言わんばかりのきれいさ。
そりゃそれだけ時が経過していれば…という気もしますが、きれいさは想定していなかったのでびっくり。
しかも今日はウォーキングイベントも行われるようで、ハイキング姿の方を多く見かけました。
その中に混じって今回のホストチーム「飯能乱舞」の踊り子さんも。
内容は見れなかったけど、何か案内の紙を持って立ってらっしゃいました。
駅前の商店街にも朝にもかかわらず人が多数。
どうやら、今日のチャリティーよさこいが行われる「震災復興元気市」は会場周辺のみならず飯能市内一円で行われる様子…こんなに大きなイベントとは知らなんだ。
(後で知るのですが、今日は西武のウォーキングイベントとも併催となっていて、ゴールは元気市メイン会場にあるという)

15分強歩いて無事会場である飯能市民会館に到着。
会場周辺には出番を待つ?踊り子さんの姿も。
ホールに入ると、私が行った時はすでに開会式が始まっていました。
とりあえず空いていた席に着席。
流石に10時過ぎではさほど人も多くないな…。
しかし時間の経過とともに地元の方と思われる人も増えていきました。
おっ、6回目ということで地元のみなさんにも根付いてきているのかな?

スタート時はさほど人が多くなかったですが、演舞中に続々と人がやってきてました。周りも手拍子で盛り上げている人が多かったなぁ

午前の演舞は12時前に終了となり、総踊りは屋外で行われるというのでホールの外に出たら…、うわっ、かなりの人出。
購入に20人ぐらいの列が出てきているところもちらほらあるぐらいです。
そしてよく見たら、出店の数も奥のほうまでたくさん!
震災復興市ということで、東北を中心に近隣のお店も多く出店しているようでした。
総踊りはそんな出店に囲まれた中央の広場で。
特に線引きも行われておらず邪魔じゃないのか?と思いながら総踊りは2曲で終了。
足を止めて見ている人も多かったですね。

とはいえ会場は広めなのでそこまで邪魔になる感じではなかったかと。「コバトンよさこい」「どっこいしょ」の2曲を披露でした

総踊り後は45分ほどの休憩時間に。
私はソフトクリームを買ってウロウロしていたら…楽しそうに宴会している「リゾン飛鳥」ご一行に遭遇。
ここは食べるものも飲むものも種類豊富で、みなさんにはぴったりのところですね。
写真お邪魔しました&ちょっとご馳走になりました!

そして午後の演舞のために再び市民会館内へ。
午後も各チームの演舞と、旗の競演が行われました。
最後は「飯能乱舞」の代表さんによる、本イベントへの思いや復興支援について切々と語っておられました。
いつも演舞前にちょっとお話しされるのしか聞いたことがなかったから、こんなに熱い思いを持っていたとは知らなかったなぁ。
飯能乱舞さん自体がボランティア活動をメインにされているというのは聞いていましたが。

10チームちょっとなのでトータル1時間半ほどで終了。
14時半過ぎに終了したので、黙祷時刻(14:46)まで会場にいて帰路につきました。
今日の飯能は街ぐるみで復興市を行なっているということにびっくり。
その中でチャリティーよさこいも大きな位置付けになっていることを実感したひと時でした。

飯能乱舞の代表さんのお言葉は熱い思いと愛に溢れていたなぁ。そんな思いがイベントに結実していったのでしょう!

「街全体が復興市」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です