【香港レポ】朝イチグリーティングでダッフィーの元に行ってみたら…?

Facebook

香港ディズニーランドといえば、朝イチから行くことでたくさんのキャラクターとグリーティングできるのが大きな特徴。

特に「ガゼボグリ」と呼ばれる、ミッキー&ミニー(季節により異なる場合あり)のグリーティングは連日大人気です。

速攻入園しないと、1時間待ちはザラになってしまうという

しかし、それ以外のグリーティングも行われています。

中にはいつもはかなり並んでいるキャラクターがふらっと歩いていたり、とても自由な姿を見れることも。

今回はその中でもダッフィーを写真でご紹介します。

ダッフィーに朝イチで会いに行くと、こんな自由な姿を見れるとは

朝イチ入園後、私はダッフィーへまっしぐら!するとグリーティングスポット「メインストリートシネマ」前でインディアンの銅像と仲良く…!
ここで写真を撮ろうと呼ばれました。えっ、ここ!?(結局キャストさんにダメよ〜ち言われここでは撮らず)
ようやくグリーティング列へ。ダッフィー、グリーティングスポットは建物の中ですが、入っていきません…!
列に並ぼうとしたらチップ&デールがお散歩中。ダッフィーにちょっかいを出しに来たのかい?
ようやくダッフィーとグリーティング。私の持ってきたダッフィーが気になるようで…!
ダッフィーがダッフィーのモノマネ(笑)。か、かわいすぎる…!
カバンにミニダッフィーもいるよ〜と紹介したら、ミッキーのバッグ(東京パーク35周年デザインのショルダーバッグ)が気になる様子。グリーティングすると色んなキャラクターがこのバッグへの興味も高いのです
記念写真を終えてハイタッチ!
マイダッフィー、ダッフィーにありがとうを。ダッフィーがいないいないばぁ状態になっていますが…!
ありがとう〜朝から楽しい時間だったよ〜

いかがでしたか?

出てきて早々、こんなに自由なのかとびっくりするかもしれませんね。

ある意味日本のパークでは会えない姿です

そんな姿に会いに行くのも香港ディズニーランドのキャラクターグリーティングの魅力。

朝イチガゼボもいいけど、他のグリーティングもね!

キャストさんに渡すと思わぬオフショットを撮ってくれることも。ここはカメラロールに写真が溜まることも気にせず、バシバシ撮ってもらいましょう!

「【香港レポ】朝イチグリーティングでダッフィーの元に行ってみたら…?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です