【DLRへの道】ピクサーキャラクター勢揃いエリア!?「ピクサーピア」 

Facebook

前回はカリフォルニア・ディズニーランドリゾートの第2パーク「カリフォルニアアドベンチャー」内のエリア「カーズランド」をご紹介しました。

映画「カーズ」の世界が広がった、没入感のあるエリアでしたね。

今回は同じくカリフォルニアアドベンチャーのエリア「ピクサーピア」をご紹介します。

こちらはありそうでなかった「ピクサー」のキャラクター勢揃いのエリアなのですが

1.ピクサーピアとは?

ピクサーピアはその名の通り、ピクサーのキャラクターが勢揃いしたエリア。

2018年にオープンした比較的新しいエリアです。

「カーズ」「トイストーリー」といった単体映画のエリアはこれまでもありましたが、ピクサー映画のキャラクターが勢揃いするというのは世界初となります。

アトラクションはもちろん、レストラングッズショップなどもあり、まさにピクサー満載のエリアです。

対岸からピクサーピアを眺めると…コースターと観覧車が目立ちます

このエリアにあるモチーフとなった映画は

・トイストーリー

・モンスターズ・インク

・インサイドヘッド

MRインクレディブル

・カールじいさんと空飛ぶ家

・ウォーリー

・リメンバー・ミー

などなど。

割合としてはトイストーリーが多い気がしますが、それ以外の映画のキャラクターもたくさんいますよ。

ピクサーピアのエリア概要。湖があるため、かなり横に広いエリアです
エリア内には巨大ポスターも!リメンバーミーはここに

2.どんなアトラクションがある?

アトラクションは全部で6つ。

ここにしかないアトラクションも多いですよ!

(1)インクレディコースター

MRインクレディブル」の世界をモチーフにしたコースター。

逃げてしまったインクレディブル一家の末っ子・ジャックジャックを、トンネルや急加速、1回転をするコースターで追いかけるものです。

コースター系がお好きな方はぜひ!

コースター入口。このときは朝早い時間帯だったので20分ほどの待ち時間でしたが、ピーク時は60分待ちとか…!
このゲートが目印です

(2)ピクサー・パル・ア・ラウンド

ミッキーの顔がモチーフとなっている観覧車なのですが、特徴なのはその動き。

いわゆる普通の観覧車と、ゴンドラがスイングする観覧車の2種類あるのです。

スイングするほうはかなり揺れるので、酔いやすい人は要注意のアトラクション私は無理。

近くで見ると…ゴンドラがおかしい動きをしているのが分かります…

(3)インサイド・アウト・エモーショナル・ワールウィンド

こちらは感情をテーマにした映画・邦題「インサイド・ヘッド」のアトラクション。

舞浜・ランドの「空飛ぶダンボ」のように空中に浮いて回るアトラクションです。

インサイド・ヘッド自体がかなりビビットな色合いなので、このアトラクションもかなり色合いが派手

アトラクション入口。派手…!
フォトスポットとしても人気があるようで、写真を撮っている人がたくさんいましたよ

(4)ジェシーのクリッター・カルーセル

「ウッディのラウンドアップ」をテーマに、トイストーリーの映画に出てくる動物たちに乗るメリーゴーランド。

全体的に小さめですが、可愛らしいのが特徴です。

アトラクション入口。ちょっと舞浜の「トイストーリーマニア」を思い出させるような…
こんな乗り物に乗ります。全体的に幅が狭い…!

(5)トイストーリー・ミッドウェイ・マニア!

知っているアトラクションに似ている名前と思ったかと思いますが、内容は舞浜・シーの「トイストーリーマニア!」です。

舞浜と同じく、こちらのアトラクションも人気で、時間帯によっては「インクレディコースター」よりも待ち時間が長いことも

お子さんでも楽しめるシューティング系アトラクションは特に人気。待ち時間も長かったです

(6)ゲームズ・オブ・ピクサー

ピクサー映画をテーマにした屋台ゲームができるのがこちら(パークチケットとは別料金)

「ウォーリー」「カールじいさんと空飛ぶ家」など、アトラクションになっていない映画がモチーフになっています。

みなさん、ウォーリーはご存知ですか?ロボットの映画ですよ、縞模様のシャツを着たお兄さんじゃないですよ!(笑)

3.アトラクション以外の見どころは

(1)ランプライト・ラウンジ

ピクサー・ピアのメインレストランがこちら。

ピクサー映画をモチーフにした料理やドリンクがいただけます。

中はピクサー映画のイラストやポスターがたくさん飾られているそう。

私も行きたかったのですが、予約制レストランのこちら、本当に予約が取れないんですムムム。

ランプライトラウンジ入口。行きたかった…

(2)グッズショップが

グッズショップは2カ所。

そのうち、「ニック・ナックス」というお店には、ピクサー映画のアートがたくさん飾られています。

これを見るだけでもかなりテンションが上がります

こちらが「ニック・ナックス」。上でご紹介した「ランプライト・ラウンジ」の向かいにあります
中にはコンセプトアートがたくさん!
こちらのイラストアートのボードが圧巻!

(3)キャラクターグリーティングも!

以前カリフォルニアアドベンチャーのグリーティングでも紹介しましたが、ピクサーキャラクターがグリーティングで登場します。

私はバズ・ライトイヤーとサリーしか会えませんでしたが、インクレディブル夫妻やヨロコビ・カナシミ、ラッセルなども登場するとのこと。

以前ご紹介したサリー。ウロウロしていると沢山のキャラクターに会えそうです

(4)なんとゴミ箱も

エリアに合わせてゴミ箱のデザインが変わるのがディズニーパークの特徴ですが、ここはアトラクションの場所によってデザインが変わっていました。

インサイド・ヘッドのエリアはポップな色合いでしたが、そこから外れるとトイストーリーの青空と雲が描かれたゴミ箱に

インサイド・ヘッドのポップなゴミ箱。でもこのデザインならうちに置いてもさほどうるさくないなぁ
そして青空のゴミ箱。ゴミ箱のデザインも工夫されています

一つの映画に絞ったエリアもいいですが、ピクサーピアのようにピクサー映画というくくりでエリアを作るのもアリかと感じました。

この後カリフォルニアアドベンチャーにはマーベル映画のエリア「アベンジャーズキャンパス」ができますが、作り方としては十分参考になっているのかな、という印象を受けましたよ。

(アベンジャーズキャンパスは後日紹介)

カリフォルニアパークに行かれる機会があったらぜひ訪ねましょう!

写真映えするところも多いピクサーピア。1日過ごしても飽きないかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。