【WDWへの道21】うわっ!そんなところから!驚きのプロジェクションマッピング

Facebook

2017年5月からマジックキングダムでスタートした新プロジェクションマッピング「ハッピリー・エバー・アフター」。
東京でもランドでプロジェクションマッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」(2017年11月に終了)が行われていますが、それの比じゃないぐらいの迫力!
もちろんプロジェクションマッピングとして素晴らしいものだったのはもちろん、驚きの演出に衝撃を受けました。
どんな感じだったか、ご紹介します!

1.「ハッピリー・エバー・アフター」とは?

・マジックキングダムで2017年5月よりスタートしたプロジェクションマッピング&花火
・テーマ曲は同名の香港ディズニーランド10周年記念テーマ曲(現在は香港ディズニーランドのショー「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラスブック」でも使用中)
・場所はシンデレラ城
・所要時間は20分弱、私が見たときは21時スタート

2.見どころ

何と言ってもディズニー映画の名場面がこれでもかと登場します。
覚えている限りで、

・プリンセスと魔法のキス
・レミーのおいしいレストラン
・ラプンツェル
・ノートルダムの鐘
・カーズ
・カールじいさんの空飛ぶ家
・ファインディング・ニモ
・モアナと伝説の海
・トイ・ストーリー
・ジャングルブック
・シュガーラッシュ
・モンスターズ・インク
・アラジン
・アナと雪の女王
・ウォーリー
・ライオンキング
・ターザン
・シンデレラ
・ムーラン
・Mrインクレディブル
・リトルマーメイド
・眠れる森の美女
・メリダとおそろしの森

の名場面が走馬灯のように駆け巡ります。
あまりに多いので本当に一瞬のものもあります。見逃さないように!

全体の流れは、
オープニング→ディズニー映画名場面→ヴィランズとの戦い→めでたしめでたし→エンディング
となります。

3.写真で内容をご紹介!

全体を通して花火がバンバン上がりすごいなぁと思ったのですが、1番のビックリはティンカーベルの登場。
シンデレラ城から登場し、私たちの頭上をすーっと通っていきます。
花火の火の粉は当たらないかな、大丈夫かな、といらぬ心配をしてしまいましたが…。
以下で写真を抜粋しながらご紹介します!

オープニングはドン、と大きな花火が上がり、スタートします
映画名場面コーナー。まずは「プリンセスと魔法のキス」ティアナ!!
続いて「レミーのおいしいレストラン」。日本ではあまりメジャーにならなかった映画も多いです
よく見るとラプンツェル!森の中の塔を表しているようです
「メリダとおそろしの森」ちょうどメリダから矢が放たれて…!
「ファインディング・ニモ」かな。別のシーンでドリー登場のところがあります
モアナ!パークではみんなで主題歌大合唱!
トイ・ストーリー。お城が一気に鮮やかになりましたね
アナ雪。「レリゴー」もみなさん歌いますね…!
そしていよいよ戦いのシーン。こちらは「ライオンキング」シンバとスカーの戦い。
「眠れる森の美女」の王子様とマレフィセントの戦いも
いよいよフィナーレ!花火がバンバン上がります
ん、なんか飛び出してきた!
ん、ティンカーベルじゃん!ビックリした、そんな演出があるとは!!
本当にバンバン上がります…!
フィナーレの花火!花火の勢いにびっくりしっぱなしでした…

4.混雑状況

30分前にシンデレラ城前に到着し、見やすそうなところまでジワジワ前進していきました。
水曜日だったからか、思ったよりは混雑していなかった気がします。
パレードルート上でシンデレラ城に最も近いポイントぐらいまで進めました。

5.注意点

(1)肩車などに注意

肩車をする人も多く、飾りのついた大きな帽子をかぶったまま見る人が多いです。
私が見た場所でも直前に肩車されてしまい、そのまま見ることとなりました。
小さなお子さんがすぐ前にいる場合は注意が必要です。

(2)体力を温存しておこう

私は月曜〜金曜の5日間滞在していましたが、3日目の水曜日が最も体力的にきつかったです。
特に連日朝から動いていると…。
夜に備え、夕方によく休憩しておくのがよいかと。

日本では知名度が低い映画も見れ、大変豪華なプロジェクションマッピングでした。
ティンカーベルの登場にもビックリです。
マジックキングダムに行ったらぜひご覧ください!

日本では規制もありこんなに花火を上げられないんだろうなぁ。流石アメリカという迫力満載のプロジェクションマッピングでした

「【WDWへの道21】うわっ!そんなところから!驚きのプロジェクションマッピング」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です