【WDWへの道38】広大すぎる花火!エプコットの「イルミネーションズ」

Facebook

ここまで、ウォルトディズニーワールド(WDW)の夜間ショーのうち
・マジックキングダム「ハッピリー・エバー・アフター」
・ハリウッドスタジオ「ファンタズミック!」
・アニマルキングダム「リバーズ・オブ・ライト」
と、3パークのメイン夜間ショーをご紹介してきました。
(実際には見ていないものを含めると夜間ショーはこの倍あります…!!)
まだ紹介していなかったのがエプコット。
エプコットは他パークより大きなショーがなく、唯一と言っていいショーが夜間ショーの「イルミネーションズ」です。
しかしこのイルミネーションズ、恐ろしく広いところで行われるのですよ。
どのぐらいの規模なのか、そしてどんな感じなのかご紹介します!

1.イルミネーションズとは?

1999年からエプコットで始まった花火ショーがイルミネーションズ。
正式には「イルミネーションズ:リフレクションズ・オブ・アース」と言い、地球の歴史を振り返り、祝福しようという内容の花火ショーです。
公演時間は10分ほどと短いですが、大量の花火が打ち上げられ、レーザーや噴水などを活用した大掛かりなものになっています。

会場はエプコットの「ワールドショーケース」のラグーン。
何、池的な感じのところ?と思うでしょうが、ここが恐ろしく広い!
ラグーンの周りを歩いたら寄り道なしでも数十分〜1時間はかかるであろうぐらいの広さです。
ここの中央からの花火とラグーンの外からの花火の両方が相互に合わさって披露されるのがリフレクションズです。

ガイドマップより。ラグーン、広すぎでしょ…!私は右下のイタリア館付近にある小島?あたりで見ました

2.どんな感じか写真でご紹介!

開始30分前の様子。まだこのころは明るいんですよ。20時半だったのですが
大きな打ち上げ花火が上がり、スタートです
すると湖上でも花火が上がり…
うぉっ、火柱が上がったぞ!
すると一旦静まり、地球が登場。ここに人類の歴史などが映し出されているそうなのですが…
陸地は何となく分かるのですが、何が映し出されているかは分からず…
再び打ち上げ花火が!地球に南北アメリカ大陸が映し出されているのは分かったぞ
うぉっ、いきなり湖面の花火が一気に上がる!
その後レーザー光とともに打ち上げ花火もバンバン上がります
エンディングは湖上からも空からも花火!

3.注意点

(1)終了後のホテルバス混雑に注意

イルミネーションズがスタートするのはパーク閉園時刻。
そのため、終了後はショップで買い物するか、そのままホテルバス乗り場に向かうか…ということになります。
なのでバス乗り場は大混雑!
特に安いクラスのホテルは大規模で多くの人が宿泊しているので何本もバスを見送ることになります。
流石に閉園時間帯は多くのシャトルバスが運行しているので次のバスはすぐに来ますが、それでも乗車に2,30分待つことを覚悟した方が良さそうです。
(中、上級クラスのホテルはそこまで規模が大きくないのでそれほど待たないと思いますし、エプコットから徒歩で帰れるホテルもあります)

ただ、アメリカンのみなさんはお土産を買うという文化がないのでそのままホテルバス乗り場に向かう感じかな。
私はお土産をショップで買った後に行ってもまだ行列ができているぐらいでした。

(2)場所取りも大変!?

ラグーンが広大なので見れる場所はたくさんあるのですが、良い場所は早くから埋まってしまっているもの。
打ち上げ花火だけを見ようとするならいろんなところで見れるのですが、ラグーン上も見ようとすると結構探すのが大変です。
私はああだこうだとうろうろして、開始10分ぐらい前にようやく腰を落ち着けました。
一番確実に両方を見るならファストパスプラスの取得が良さそうです。

地球の歴史を振り返るというのが湖上の地球に色々映し出されていたらしいのですが、遠くからはそれがよく分からず…。
やはりガッツリ見れる場所で見るのが良さそうです。
またディズニーキャラクターの登場がないので、そこが少々物足りない感も…。
でもバンバン打ち上げられる花火など、日本にはないスケール感なので、行ったら1度は観に行きましょう!

花火のスケールの大きさは流石アメリカといった感じ。エプコットの締めくくりの花火を満喫しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です