【パリレポ】パリ版ビッグバンドビート!?ミッキーがドラム演奏するクリスマス限定ショー

Facebook

東京ディズニーシーの人気レギュラーショーといえば「ビッグバンドビート」。
みなさんお好きですか?
私は大好きです。
キャラクターのコミカルさ・かっこよさとシンガーさんの歌、ダンサーさんの素晴らしいダンス、バンドの演奏…と素晴らしいところを挙げたらキリがありませんが。

実はこのショー、ほぼ同じ内容でパリでも行われているんです。
しかもパリではクリスマス限定で、東京で以前行われていたクリスマスバージョンに近い内容になっているとか。
これは見ねば!ということで行ってきましたよ。
「Mickey’s Christmas Big Band」、どんな内容だったか、ご紹介します!

1.Mickey’s Christmas Big Bandとは?

ミッキーたちがビッグバンドの生演奏とシンガーさんの歌とともに踊るレビューショーです。
クリスマスならではの華やかな内容で、見ているだけで幸せになること請け合いです。
しかも東京ディズニーシーでもおなじみの、ミッキーのドラム演奏も行われていますよ。
これは見逃せませんね!
ショー構成は以前東京のビッグバンドビートで行われていた「ビッグバンドビート クリスマススペシャル」とほぼ同内容な気が…既視感が高いです。
キャラクターはミッキー、ミニー、グーフィーが登場しますが、パリオリジナル衣装なのでおしゃれな気がします…!
シンガーさんも6人と、東京の4人と比較し豪華!

ショーは25分ほどで、1日5回行われています。
場所はウォルト・ディズニー・スタジオのトゥーンスタジオにある「アニマジークシアター」。
シアターはパークに入園し、右側に進むとありますよ。
休日でも10分前でも席は確保できましたが、中央に座りたい場合は30分ぐらい前にはいたほうが良さそうです。
(東京の「ブロードウェイミュージックシアター」よりかなり小さいシアターです。規模は半分ぐらいかな?)

2.ショー内容をご紹介

ここからはショー内容をご紹介します。
最後には動画もありますので実際にご覧ください。

幕が上がるとビッグバンドの演奏とともに男性シンガーさん3名が登場!この時点から豪華!
ダンサーさんの出で立ちもなんだか素敵に見えます…!
女性シンガーさん3名も登場すると、迫力がありますね。曲はクリスマスソングになり、後ろにはミニーちゃんが…!
2人とも 「サンタが街にやってくる」に乗ってノリノリです
ちなみにミニーちゃんは英語、ミッキーはフランス語を話していました
以前東京のビッグバンドビートでも使われていた「アイラブザピアノ」に合わせて踊るミニーちゃん。ストールはピアノイメージかな?
後半はしっとりと「ホワイトクリスマス」に乗せて踊るミッキー&ミニー
途中でサックスのソロパートも入り、しっとりとした印象です
一気に曲調が変わり「サンタが街にやってくる」に。ダンサーさんのタップダンスも見ものです
サンタといえば世界のディズニーパークはグーフィーのようで、パリでもグーフィー!香港と上海もサンタはグーフィーだよね…!
バンド紹介の曲として日本でもおなじみ「オールオブミー」。日本では最前列の人がシンガーさんと握手できますが、こちらでは踊る!
いよいよミッキーのドラム演奏!曲はおなじみ「スウィングしなければ意味がない」です
女性シンガーさんも登場し、エンディングは華やか!
もちろんミッキーのダンスも見れますよ!カッコいい!!
決めポーズもバッチリ!ブラボー!!
日本のビッグバンドビートと既視感がすごいですが、違いも楽しみながら見ると面白いですよ

動画はこちら

いかがでしたか?
東京のビッグバンドビートを見たことがあるよという方にとっては「あぁ!」と思うようなところが多かったのではないでしょうか。
ミニーちゃんの可愛らしいところ、グーフィーのコミカルなところ、そしてミッキーのかっこよさとさまざまなキャラクターの姿を見れるショーではないかと思います。
来年もありそうな気がするので、ぜひビッグバンドの演奏とともに楽しみましょう〜。

コスチュームの豪華さも含めてぜひ楽しんでいただければと。来年もありますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です