【100冊読書44/100冊】不透明な時代を見抜く「統計思考力」

Facebook

44冊目は統計の読み方について。

これは現代を生きていく上で重要な要素だと思っているので、ちょっと再読することに。

どんなところがポイントとして引っかかったかな?

44. 不透明な時代を見抜く「統計思考力」神永正博著

データとして提示されているものは正しいとは限らない。

データの当たり方の基礎と応用を身について、データの読み解き方をアップデートしていこうとするのが本書である。

(1)問い

・似たニュースが続くのはなぜ?

・思考には錬磨が必要?

・専門外のデータの読み方は?

(2)問いの答え

・ニュースの偶然性は社会情勢と関係があるかどうかは?

 ある程度の周期性があることは読み取れることも

・思考の錬磨は、みんなで十分検討するというウィキペディア的発想が必要

・ブログ論壇という、ニュースソースを提示し、ロジックを積み上げていく方法が有効

・専門外の分野のデータをのぞくことで、新たな発見がある

(3)答えを生かす

・データの議論にはロジックが重要、そのためには元データなどを調べることが重要

・専門外のデータにあたり、新たな発見を

(4)Baby Step

データ×ロジックでYahooニュースを試しに検討してみる

今回のマインドマップ。専門外のものでもちゃんとデータを当たることに!

本当にそのデータは正しいのか?というのは学生時代からやってきたことだけど、改めてこういうことを考える場があることでより深まるかと。

よーし、自分なりにデータを精査してみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です