【よさこい】その盛り上がりはどこから…?

Facebook

長期休みの安旅の友といえば、青春18きっぷ。

ちょうどこのきっぷが1枚余っていたので、これはチャンスと茨城・笠間の「新春YOSAKOIフェスティバル」へ行くことにしました。

笠間駅から会場のポレポレシティまで公共交通がないのは2年前来た時に確認済(ただポレポレシティから笠間駅まではあるという…)でしたが、2kmぐらいなので今回は歩いていこうと決めていました。

(前回は2駅手前の友部駅からバスに乗ったものの、笠間稲荷詣の渋滞で到着まで時間がかかったという…)

その笠間駅で下車したら…発車音が「オクラホマミキサー」。

あの古くは学校のフォークダンスで踊るやつです。

軽くずっこけそうになりました…いやはや、ほのぼの系と言うべきか。

会場のポレポレシティのHPによると、駅から徒歩30分。

が、健脚には自信がある私、開始34分前に笠間駅に到着後、スタスタ歩いて途中にある笠間稲荷に今日の無事の開催を祈願。

その後ポレポレシティに向かってもスタート2分前に着いたのでした。

ちょうど司会者さんが喋り始めたところでした…セーフ!

会場はショッピングモールの入り口付近にある吹き抜けの広場。

目の前に駐車場があるので、人の出入りもそれなりにあるところです。

2部制の今回、1部はチーム演舞が2回ずつ、2部はチーム演舞が1回ずつと残りは総踊りという構成でした。

というのも、参加チームが3チームしかいないのです…。

2年前来たときの半分かな…。

でもここはなぜがお客さんの盛り上がりが中々。

拍手の練習で盛り上がり、その後も演舞の手拍子や掛け声の練習でも盛り上がっている。

私服で来ていた他のチームさんがいたことを差し引いても…盛り上がっているなぁ。

笠間にはよさこいのチームないのに。

そういう盛り上がりぶりは嬉しいものです。

基本的にはチーム曲を披露するのですが、中にはお客さんを巻き込んで一緒に踊るチームさんも

1部と2部の間は1時間の休憩。

この間に昼食を取って戻ってくると、司会者の人による拍手の練習…!

司会者の人は茨城よさこい界では有名な振付師さん(茨城の総踊りの振付をしている)なのですが、盛り上げるのが本当にうまい…私もそのトーク力を見習おう。

2部も1部並に人がおり、同様に盛り上がっていること。

吹き抜けになっている2階にも人が多かったなぁ。

1部はチーム演舞が2回ずつでしたが、2部は1回。

3チームなので20分ほどで終了してしまうので、総踊りの時間が40分ほど設けられていました…瑞浪か岡山か!

茨城の各地の総踊りや茨城のお祭りではおなじみの各地の総踊りで盛り上がっていましたよ。

6〜7曲かかったかな?

すごいのはみなさん普通に踊りきるところ…私服の人たちも多かったが…。

とてつもなくリズム感の悪い私としては、踊れるだけでも尊敬ですが…!

私は最後の総踊り曲が終わった段階で出てきました(会場では今日の記念撮影で盛り上がっていましたが)。

帰りの電車の発車32分前に会場を出て、駅まで30分かかるとHPにあったところ22分で歩き抜く…エッヘン。

そしてそのまま帰宅中です…自宅まで3時間半かかるのですが、これを執筆し終わったら他のやることに手をつけるかな。

今年もこんな感じで各地のよさこいに馳せ参じようと思っています。

今年もよろしくお願いします!

演舞にキレがあるチームさんには拍手喝采!とても盛り上がっている様子が見て取れました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です