【香港レポ】キャラクターと写真を撮るだけじゃない!もっとグリーティングを楽しもう

Facebook

世界のディズニーパーク、クルーズ、アウラニ リゾートなどが閉鎖している状況のディズニーパーク。

現時点で開いているディズニーパーク関連施設は上海の上海ディズニーランドホテルとディズニータウン(商業施設)、香港の香港ディズニーランドホテルのみとなっています。

そう、東京パーク直営ホテルもクローズ中なんです

私はディズニー映画などより、リアルな場としてのディズニーパークが好きなのでこの間ブログ記事はどうしようかとずっと思案していました。

他のディズニー情報サイトさんのような新着ニュースなどの情報発信もできるが、せっかくならばオリジナリティのある情報が良いよね

そんなこともあり、過去の写真を見返していたのですが

ふと気づいたことが。

海外のディズニーパークでキャラクターグリーティングに行ってキャストさんにカメラを渡すと、えらい撮られる!

しかも記念写真を撮るだけでなく、オフショットが多いこと。

オフショットを撮られるときは、たいていキャラクターと交流を取っているときなので、そのときのことが思い出されるんですよね。

で、しばらくは海外のディズニーパークで私が楽しんできたキャラクターグリーティングについてご紹介していこうと思います。

たぶん行った回数の多さで香港パークが多くなること請け合いですが()

今回はそのうち楽しみ方のポイントをご紹介します。

1.キャラクターとどんな話をすればいいの?

とはいえ、キャラクターと話をするのは難しいという方も多いのでは?

話し下手にはここが難しい。

何かポイントがあるとするのなら、こんな感じかな?

(1)誕生日や初来園など記念日来園

「今日誕生日なの〜」

「初めて(香港)ディズニーランドに来たの〜」

端的に分かりやすい例ですね。

結婚記念日やハネムーン、卒業記念など、記念日系はアピールし甲斐がありますね。

(2)キャラクター好きをアピール

好きなキャラクターのところに行くなら好きだというのは伝えられますね。

まずは好きなキャラクターから行ってみましょう!

私はドナルドやダッフィーかな()

ダッフィーにマイダッフィーを見せる私。真似をしてくれました。かわいいな〜

(3)キャラクターの特徴を褒める

香港ディズニーランドの場合、季節イベント中はコスチュームが通常と異なることも。

華やかとかかっこいいとか伝えると、素敵なポーズを取ってくれますよ!

(4)英語ができなくても

とはいえ英語ができなくてはダメではと考えたあなた!

大丈夫、心配いりませんよ〜。

カタコト英語の私が交流できているから大丈夫です()

ジェスチャー、身振り手振り、カタコトなどいろんなことを総動員!

上記を参考に、事前にシミュレーションしておくと安心ですね。

キングルイのように最初から熱烈アピールのキャラクターも…!語学はあまり関係ないのかもしれませんね

2.キャラクターにアピールするグッズは

キャラクターとコミュニケーションを取るのに手っ取り早いのはグッズ類。

特に大人だけで行くときにはあると便利ですよ!

(1)誕生日や初来園など記念日的なものをアピール

最も分かりやすいのがこれ。

誕生日ボタン(←缶バッジ、海外では「ボタン」といいます)や初来園ボタンは、パークに入園後すぐにある「ゲストリレーション(パークにより呼び名は異なる)」でもらえます。

これをつけて行けば、「今日は誕生日」とか「初来園」というのが分かるので、キャラクターもリアクションしやすいですよ。

もちろん、日本から自分の誕生日グッズなどを持っていくと手っ取り早いです。

こちらが香港ディズニーランドの「1st Visitボタン」。香港ディズニーランドのシティホールでもらえます

(2)キャラクターグッズを身につける

Tシャツやぬいぐるみバッヂなど、キャラクターグッズを身につけていると、(そのキャラクターのところに行ったときは)特に喜んでもらえます。

ただ、その格好で他のキャラクターのところに行くとブーブー言われる可能性が

私は過去ドナルド、ミッキー、クッキーアン、ジェラトーニなどなど、かなり多くのキャラクターに言われています()

私、キャラクターTシャツ、持っているようで持っていないし、ぬいぐるみバッヂはダッフィーとドナルドしか持っていなし

私がミッキーだらけのショルダーバッグを持っていたら、ミニーちゃんが興味津々。「私の白いバッグと交換して!」と言われちゃいました(笑)

東京でもキャラクターグリーティングに行ったことがない方もいるかもしれませんね。

私も東京ではあまりキャラクターグリーティングに行かないので、最初香港に行った時は少々オドオドしていました。

場数を踏むことで慣れてくることも多いので、まずは試してみましょう!

東京パークで練習するのも手ですね。

キャラクターと遊べるようになるとキャラクターグリーティングもより楽しい!次回以降はどんな会話をしているのかご紹介していきます〜

「【香港レポ】キャラクターと写真を撮るだけじゃない!もっとグリーティングを楽しもう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です