【舞浜レポ】東京ディズニーシーの「ホライズンベイ・レストラン」の混雑状況は…?

Facebook

前回までは、20207月以降の東京ディズニーシーのうち、アトラクションの混雑状況についてご紹介しました。

私は結局「トイストーリーマニア」と「ソアリン」しか乗っていないのですが()、どのアトラクションも全体的に空いていたかと思います。

ただ、シアター系のアトラクションについては(「タートルトーク」「マジックランプシアター」など)、室内のソーシャルディスタンスを取るため、待ち時間が長くなっていました。

特にマジックランプシアターは時間帯によっては60分待ちと、ソアリンを上回る待ち時間になっていたことも

そして今日はアトラクションではなくレストランについてご紹介します。

ご紹介するのは「ホライズンベイ・レストラン」。

私が行った平日夜間でどのくらい待つのか

1.ホライズンベイ・レストランとは?

東京ディズニーシーのポートディスカバリーエリアにあるレストランが「ホライズンベイ・レストラン」です。

カウンターから好みの料理を取って最後に会計するバフェテリアタイプのレストランで、肉と魚料理がメインとなる洋食のレストランとなっています。

スープやサラダ、デザートもあるので、ちょっとしたコース料理風で食べられるのもポイントが高いです。

また、ここはレストランの事前予約サービス「プライオリティ・シーティング」に対応しています。

事前に予約しておけば待ち時間少なく案内されるというもの。

なお、予約がなくても並んで利用することは可能です(混雑時はかなり待つことになるかと)

リアルタイム待ち時間は東京ディズニーリゾートアプリで確認できるので、確認の上行くと待ち時間が少なく入れるかと。

混雑していると予約していない人の列が外に伸びているはずですが、それはなく…

2.20207月以降で変わった点は

(1)座席数が減っている

店内の座席は間引きされていない印象でしたが、所々に「使用不可」の札が乗ったテーブルがありました。

ソーシャルディスタンスを保てない席は使えなくしているんだと思われます。

そのため、実際の定員は57割ぐらいか思われます。

(2)メニューの一部変更

私が今回ここを選んだ理由に、小さなホールケーキがあったことです。

しかも申告すれば「ハッピーバースデー」のプレートを乗せてくれるので、来園日当日が誕生日だったうちの相方へのお祝いになるかと

が、このケーキが再開以降なくなっている()

うぅ、残念

かつ、休園前はメインやサイド、ドリンクの組み合わせが自由にできるセットメニューがあったはずなのですが、それもなくなっている

セットメニューだと2000円強だったと思うので、単品だと少々割高になるんですよね

(食べすぎ対策にはなるのですが)

こちらがメニュー一覧。東京ディズニーリゾートアプリでもメニューを確認できます

3.実際の混雑状況は

私が行ったのは平日の18:30の予約。

14時から入園の人たちがいるなど、ランチよりディナータイムの予約の方が先になくなるという中でなんとか確保しました。

表で予約した旨を伝え、入口で手の消毒をして入場。

料理を取る列は1組しか並んでいないという状況でした。

元々の入園者数を絞っているからか、全体的に空いており、予約なしでもほぼ待ち時間なく入れた感じです。

料理を取る列はソーシャルディスタンスが確保され、各ゾーンごとに前の組が移動してから移動してくださいと促されました。

料理ごとのカウンターについては休園前との違いはなかったです。

会計後、カトラリー類はキャストさんが用意してくれ、いよいよ席へ。

入口から食事を取り、席に着くまで10分ほどで済みましたよ。

席は23割しか埋まっていない印象で、かなり空いていたかと。

かなり快適に過ごせました。

また食事後はレストラン内数カ所に置いてあるワゴンに自分で持っていくシステム変更になっていました。

私が注文したのはサーモンのグリル、ライス、オレンジゼリー、アイスコーヒー。トータルで2000円強だったかな。

ホライズンベイ・レストランはパーク内でも比較的奥にあり、値段もそこそこ張るからか、そこまで混んでいない印象でした。

たぶん低価格帯レストランもそこまで混んでいなかったのではないかと。

中にはデザートとドリンクのみの方も結構いたので、ティータイムに行ってのんびりするという使い方もできると思います。

なお、最終オーダーが19時なので、ギリギリに行くとアウトになるかもしれないのでご注意ください。

カフェのように使えるのも嬉しいポイント。のんびり過ごせますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です