【舞浜レポ】ディズニーリゾートラインに新型車両登場!

Facebook

2020727日で開業20周年を迎えたディズニーリゾートライン。

パークやオフィシャルホテルを結ぶ環状線のモノレールです。

その20周年を記念してなのか、ディズニーリゾートラインに初の新型車両が登場しました。

今回はどんな車両なのかをご紹介します。

1.ディズニーリゾートラインとは?

ディズニーリゾートラインは2000727日に開業した東京ディズニーリゾート内を走る環状線のモノレールのこと。

駅は4駅。

  • リゾート・ゲートウェイ・ステーション(舞浜駅、イクスピアリ、ディズニーアンバサダーホテル最寄駅)
  • 東京ディズニーランド・ステーション(ランド、東京ディズニーランドホテル最寄駅)
  • ベイサイド・ステーション(オフィシャルホテル群最寄駅)
  • 東京ディズニーシー・ステーション(シー、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ最寄駅)

112分で結ぶこちら。

パークを上から眺められ、ちょっとした空中散歩ができますよ。

価格は1乗車260円でSuicaなどのICカードで乗車可能、何度も乗車する場合にはフリーきっぷもあります。

新型車両が登場しましたが、全5編成のうち旧型車両4編成なので、現状新型車両に全ての時間でお目にかかる事は難しいです。

とはいえ、旧型車両にもディズニーエッセンスがたくさん散りばめられていますよ。

特に旧型車両では8/31まで「ダッフィー&フレンズライナー」が継続して走っています。

こちらは中がダッフィー&フレンズのキャラクターごとに描かれているもの。

これに乗るだけでも大きな価値があります!(ダッフィー&フレンズライナーについて詳しくはこちら)

2.ディズニーリゾートライン新型車両は

新型車両は見た目こそ変わりませんが、特に内装に大きな特徴があります。

新型車両で大きく異なるところは、

  • 外装は二重線に(旧型は一重線)
  • 中の案内板が液晶
  • 椅子や車内内装の変更

などなど。詳しくは写真をどうぞ。

上が新型、下が旧型。上の正面に引かれた黄色のラインが2色になっているのが新型の特徴です
リゾートゲートウェイ・ステーション駅はホームに液晶画面が登場。運転間隔もわかりやすくなりました
中は大きな見た目は変わりませんが、次駅案内が液晶に変わったり、
大きな違いは車両連結部分かな。この赤が印象的…!
座席をうっかり撮り忘れてしまいましたが、ミッキーモチーフになっているの、ちょっとは見えますかね…?
でも、変わらずにミッキーつり革はありますよ!

ディズニーリゾートラインは季節ごとにイベントトレインが走ることもあり、ちょくちょく乗っています。

(特にダッフィー関係のにはすぐホイホイされてしまいますが…)

今回新型車両ということで私の苦手な新しい車両の香りがプンプンし、酔いそうになるのを必死に押さえていましたが()、何とか酔うこともなく乗れました。

個人的には内装が赤をベースにしたものに変わり、シックで大人っぽくなったなという印象です。

みなさんも機会があったらぜひ乗ってみましょう!

シーに行くときに乗る…ということが主かもしれませんが、ただ乗るのも良いものですよ!(私はだいたいそう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です