【よさこい】海辺で踊るのはお好きですか?(横浜よさこい祭り2日目報告)

Facebook

昨日とほぼ同じ時間に家を出て、電車に乗り込み、同じ駅で下車する。

デジャブかなと思いますが、下車駅は降りる改札が違い、ここから向かうところも異なります。

横浜スタジアムと横浜公園、そして神奈川県庁を横目に本日の横浜よさこいのメイン会場となる「象の鼻パーク」へと向かいました。

昨日の会場だった馬車道からは徒歩10分ぐらいの距離だろうか。

前日とガラッと会場が変わるのは横浜よさこいの特徴でもあります。

会場に到着すると、どこもかしこも踊り子さんな状況。

流石に前日と比べても多いな〜。

早速会場で有名見物人の秋間さんに発見され、記念撮影。

と思ったら「夏舞徒」のK会長ではないですか!

うわわ、大変ご無沙汰しております〜会長もお元気そうで。

「音鳴會」はっしーさんとともに写真に映る私。

横浜よさこいの日曜日の会場は象の鼻パークにある開港の丘がメイン会場となります。

バックは海で、奥には大さん橋が見えるというロケーション。

今日は大型客船は停泊していませんでしたが、停泊していたら最高のロケーションになっただろうなぁ。

大さん橋の上の芝生でのんびりしている人が見えるぞ。

この会場は朝イチからチーム演舞ではなく「ソーラン合戦」なるものが行われました。

これは希望チームのうち、1チーム5名までが「南中ソーラン」を踊り、数チームごとに審査をして1位のチームが決勝演舞に進むというもの。

決勝演舞で優勝したチームがこの会場の大トリで踊れる権利を得られるというものでした。

演舞もすごかったんですけど、一番びっくりしたのは司会の神奈川大学の学生さん。

盛り上げるのもうまいわ、突発的なことが起きた時の対応力もすごいわ。

そちらにえらく感心する私参考になるなぁ。

通常演舞時間に入ってからはゆとりある状況でのんびり見る私。

晴れてきて暑くなってきましたねムムム。

少し経ってから象の鼻パークに隣接する開港波止場会場へと向かいました。

ここは象の鼻パークと大さん橋の間にある広場。

去年はバックが山下公園側(ただしバックはビル)でしたが、今年はみなとみらい側に変更。

みなとみらい側になったことで、コスモクロック(観覧車)やランドマークタワーがバックに入るようになりました。

ただ去年より会場狭い気が観覧する場所を探すのに苦労しました。

昨年は雨で人が少なかったことも感じる要因でしょうが

混み合う波止場会場。奥にみなとみらいのクイーンズスクエアやコスモクロックが見えますね。手前の古い塔は横浜三塔の1つである「横浜税関」の塔

1時間ほど開港波止場にいた後は、いよいよ赤れんが倉庫へ。

近づくにつれ人多くない?と思ったのですが、そばまで来て混雑の理由判明。

今日までビールイベント「オクトーバーフェスト」が行われていたのです。

私はノンアルコーラーだからそこまで気が回らなかったな〜やっているのは知っていたけど今日までだったのか。

そのため、赤れんが倉庫には昼からご機嫌な人たちが多数いました。

そのためよさこいの会場は赤れんが倉庫を過ぎた広場でした。

想定していたところとは違ったな

ステージ形式の会場は赤れんが倉庫の壁をバックに、パレード形式の会場は海を横にして配置されていましたよ。

パレード会場は去年の会場から少しずれたのね。

よりベイブリッジを近くに見れる位置に変わったのかな。

四方はみなとみらい、赤れんが倉庫、大さん橋と横浜の名所は見れる位置になるので、横浜観光気分は味わっていただけるはず(横浜市民より)

特にステージ会場はよさこいを見にきたわけではない人たちが多くいる印象でした。

海外の方をここで一番見た気がします(どの会場でもお見かけしたのですが)

(ちなみに赤れんが倉庫のショップやレストランは現在長期休業中ですよ。直近で行こうと思った方は要注意)

混雑度合いはここが一番だったかも…来年からは3列分ぐらい椅子を置いてもらえると見やすくなる気がするのではとここで提案
海辺のパレード会場。私の見た位置では今ひとつな景色ですが、踊り子さんからの景色はもっといいはず…!

そして再びメイン会場に戻る私。

戻ると「弥」の小山さん発見。

演舞と会場の移動でバテバテのご様子大丈夫ですか?!

日頃から体力つけましょう

ここで3月に私もお邪魔した「伊東元気祭り」の嬉しいお話を伺いました。素晴らしいな〜。

来年も開催だそうなので今から楽しみですね!

そしてメイン会場では通常演舞や総踊り、旗の共演などが終わり、いよいよこの日のメインイベント。

歌手の中村あゆみさんとの共演ステージです。

これまで何度か行われているこちら、私そういえば一度も見たことがない気が

準備で櫓のようなステージが登場するなど本格的です。

ここでは中村あゆみさんが曲を作られた「アジアの海賊」をご本人の生歌で踊り子が演舞するというのが行われました。

各チームのみなさん、この日のために振付を覚えてきたそうで、結構な人数での大演舞になっていました。

もう少し明かりが欲しかったですが、楽しく終えられたので良しとしましょう。

神奈川のチームさんが中心でしたが、南関東のチームさんを中心に多くのチームさんが参加してくれた横浜よさこい。

横浜市民としてはとてもありがたい2日間となりました。

みなさん、横浜に来てくれてありがとうございます〜。

見に来てくださった方もありがとうございます〜。

来年以降は完全復活で盛り上がりますように。

さて、私はここで小休止して、また11月から各地のよさこいに馳せ参じますよ〜。

その大演舞の様子。暗くて踊り子さんがよく見えず…。でも1日楽しませてもらいました。楽しかった〜

「【よさこい】海辺で踊るのはお好きですか?(横浜よさこい祭り2日目報告)」への2件のフィードバック

  1. 関西は泉州よさこいええじゃないか祭り行ってました。88チーム参加だけど、毎回ほにやさんが来られるので集客力抜群のよさこいです。
    前回高知よさこい祭り大賞のとらっくよさこいさんが一般参加という贅沢なええじゃないか祭り。人口10万人しかいない泉佐野市で関西の自治体で財政破綻するのは京都市か泉佐野市と言われる街で今回全チーム参加費無料‼️
    なんと太っ腹過ぎと思いきや運営資金はふるさと納税とのこと。返礼品出しすぎでずいぶん国からいじめられたのに泉佐野市あっぱれです。

    1. >兵庫の旅人さん
      泉州行ってこられたんですね。
      しかも盛り上がったようで!

      そして参加費無料はびっくりしました。
      ふるさと納税がこうやって役立っているのは嬉しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。