【よさこい】ハマに根付く

Facebook

午前中は強雨に注意という予報だったので気にしていたのですが、自宅を出ることには雨は上がっていました。

良かった…でも今日の横浜、午前中は室内だから一安心。

自宅から電車で15分という、自分がよさこいで行くところという意味では最も近い横浜よさこい。

最寄の関内駅を降りると、ちょくちょく踊り子さんらしき人たちが歩いていました。

普段はビジネス街という感じの街に、地下足袋履いた人が歩いている違和感…!

午前中は関内ホールが会場。

私、生まれてこのかた横浜市民ですが、何気に入ったことないかも…。

小ホールは地下ということで行ってみると、なんと狭い!

たぶん2、300人ぐらいの定員ぐらいかと…意外だったな。

中は6、7割が埋まっている印象でした。

すでに開会式がスタートしており、私は後ろで見ることに。

演舞がスタートすると徐々に人も増えてきて、時間帯によっては9割ぐらい埋まっていたこともあったかな。

室内で天候に左右されずラクラク見れるのはありがたいものです。

ステージもかなり小さめ…30人を超えるようなチームさんはかなり狭そうでした

13時過ぎにホールでの演舞が終了したので、外へ。

会場の外の道路が本日のメイン会場となっています。

道路上に1直線で3つの会場が並んでいました。

それぞれの会場は踊り子さんがスタッフを。

横浜よさこいは神奈川のチームのスタッフさんが中心となって開催しているからです。

この人チームの人だよね、という人が私服にスタッフジャンバーで頑張っていたり、踊り子さんも演舞の合間に誘導行っていたり…。

そんな中、最近はフリー?旗士のかっしーさん、スタッフジャンバー姿で遭遇。

先週入院していたのでびっくりしたのですが、無事退院できて間に合ってよかったですね!

何でも昨日お医者さんからOKもらったそうですが…!

外の会場は全て通りを使って。3つのうち1つはステージ会場扱いになっていましたが、大半のチームさんは流し踊りで

私は3つの会場を行ったり来たり。

場所柄会社員の人や結婚式の帰りの人、または外国人の人も多かったなぁ。

そういう意味では多才な人たちが見ていたのかな、と思います。

会場となっている馬車道エリアのお店の協力も大きいそうで、そんなのも含めて一昨年見たときよりもまた違った印象があるかなと思います。

色んなタイプの人たちによさこいに触れて欲しいなぁ、と。

夕方からは雨が降り出してしまいましたが、中止になることなく終わって一安心。

17時半には終わり、18時過ぎには自宅にいるという、普段のよさこいでは考えられないぐらいの素早さで自宅にいます(笑)。

明日は参加チーム数も倍になり、会場も赤レンガ倉庫方面に移るのでまた盛り上がるのかな。

しかし私は明日は千葉・匝瑳へ…!市民ですが許してね。

後ろを見ていただくと、結構歴史的な建物。こういう建物もたくさんあるんですよ。そんなところも横浜に来た踊り子さん楽しんでもらえるといいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です