【パリレポ】楽しいけど酔いやすい人は要注意!パリ限定レミーのアトラクション

Facebook

初めてのパリパークということもあり、普段はあまり乗らないアトラクションも積極的に乗ろうと思っていました(結果的にはそれほど多くないです)。
その中でもウォルト・ディズニー・スタジオにあるレミーのアトラクション「レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャー」はここにしかなく楽しみにしていました…が、結局は乗り物酔いするという。
どんな感じだったかご紹介します。

1.レミーのおいしいレストラン:ザ・アドベンチャーとは

レミーの視点で映画のあらすじを追っていくアトラクションで、パリにしかないものです(2021年にフロリダパークに同様のアトラクションが完成予定)。
自分もネズミになったかのように映像に没入できるので、大好きな人にはたまらないかと。
映画を見ていない場合は、事前にDVDなどを見て予習しておくと良いと思います。
(私はWikipediaや画像検索であらすじを予習しました)

2.私の酔いやすさ度合い

・動画で酔います(テレビ番組も1時間見れない)
・小型乗用車でも酔います
・バスの後方座席でも酔います
・東京・ランドの「スターツアーズ」でも酔います(東京・シーの「シーライダー」は大丈夫そう)
→かなり映像および乗り物に弱いです…飛行機では酔い止めを飲んで乗っていました

3.どこが酔いやすいか?

私は日頃から動画で酔う人なので、3Dメガネを渡された段階で嫌な予感はしていました。
案の定、飛び出す映像でしばらくすると気分が…(注:この日は酔い止め飲まず)。
しかもライド(東京・ランドの「プーさんのハニーハント」のような乗り物)がそれなりに激しくクルクル動くので、中盤からはかなり具合を悪くしていました。
レールがないタイプの乗り物なので、どう動くのか予測できないのもより酔った要因かと。
降りたら多少ふらふら。
しばらく歩いてようやく回復した感じです。

昼間はアトラクション向かいでレミーのグリーティングもやっていました。今回は時間がなくて断念…
アトラクションの隣にはそのレミーが開いたレストラン「ビストロ・シェ・レミー」があります。こちらは行ってきたので、その様子は後日

4.待ち時間はどれぐらい?

ウォルト・ディズニー・スタジオでは3つしかないファストパス対象アトラクションの1つがこのレミーのアトラクションです(あと2つはタワー・オブ・テラーとロックンローラーコースター)。
今回はファストパスを取得して体験しました。
14時台に取得し、16時半からのファストパスだったと思います。
行った日は土曜日だったこともあり、最も混んでいた時間帯で60分待ち、乗車した時間帯でも45分待ちといった感じでした。
私は高所恐怖症などもあるため(特にスタジオでは)乗れるアトラクションは限られていることもあり、特にアトラクションはどれを乗ろうか…と考えることもありませんでしたが、絶叫系などのアトラクションも乗りたい場合はそちらを優先していいと思います。
なおシングルライダーがあるので、場合によっては利用するのも手です。

アトラクション入口。シングルライダーは5分待ち、スタンバイで45分待ち。閉園1時間半前でこれぐらいの待ち時間はあります

このアトラクションの口コミを読んである程度は覚悟していましたが、想像以上に酔いました…。
楽しかったらもう1回乗ろう…という考えは最初だけだったかと。
酔いやすいお子さんと乗る場合には、事前に酔い止めを飲んでおくなど対策をしたほうが良さそうです。
乗り物酔いしやすい人と乗る場合には、その辺配慮していただけると嬉しいかと!

絶叫マシンが楽しめる人は問題なく楽しめるかと思いますが、そうでない人にはしんどいだろうなぁ…弱い人は万全の対策を!

「【パリレポ】楽しいけど酔いやすい人は要注意!パリ限定レミーのアトラクション」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です