【パリレポ】歌とダンスで盛り上がる!ライオンキングのショーは…?

Facebook

前回前々回とご紹介した、ディズニーランド・パリ(パリパーク)の夏のスペシャルイベント「The Lion King and Jungle Festival」。

ディズニーランド・パーク(ランド)で4つ、ウォルト・ディズニー・スタジオで1つ開催されているうち、室内のメインショーともいうべきなのが今回ご紹介する「The Lion King: Rhythms of the Pride Lands」です。

ライオンキングを彩る名曲をダンサーさんたちのダンスで表すというもの。

どんな内容かというと…!

1.「The Lion King: Rhythms of the Pride Lands」とは?

ライオンキングで使用された名曲を、ライオンキングのストーリーに合わせて歌とダンスなどで表現するのがこのショー。

曲はシンガーさんによる生歌なので迫力満点!

ダンスも迫力があり、アクロバットも披露されます。

場所はディズニーランド・パークのフロンティアランドにある「フロンティアランド・シアター」。

定員制で、満席になると次回案内もしくは入れないことがあるのでご注意を。

私は今回30分弱前に行って、右手後方列でした…あと少し遅かったら入れなかったと思います。

(イベント最終週金曜日の2回目公演に行ったのですが)

2.ショー内容をご紹介

ここからは写真と動画でご紹介します。

このショーは超実写版の曲も使われているので、できれば超実写版を見てから行くとより楽しめるかと思います。

(アニメ版だけでも充分楽しめるかと)

「ヤーギンバンバー♪」(合ってるのか?)のおなじみの歌がかかり、ショースタート!幕が開くと…
おなじみ「サークル・オブ・ライフ」。こんな感じのステージなのか!
オープニングからアクロバットが披露されます。なんだ、この棒は…と思ったら、こう使うのか
スカーが出てきて、シンバはプライドランドを追い出される場面
ティモン&ブンファが登場し、ご機嫌に「ハクナマタタ」を歌います
右手手前にいるのがティモンとブンファ。こういう形態だとは思わずびっくり…!
ナラのソロ。これは超実写版の曲だと思うので、私は分からず…
シンバが出てきて、「愛を感じて」を共にここはロマンチックですよね〜
ヒラヒラしたものは一瞬海の中か!?と思うぐらい…!
この曲の終わりの部分はこんな風にロマンチック
この場面も超実写版の曲だったので分からず…でもロマンチックです
いよいよスカーとの戦いのシーン。アクロバットで盛り上げます
そしてクライマックス。メンバー総登場!
エンディング。ブラボー!結構周りは立って声援を送る人が多かったです

<動画はこちら>

今回歌がほとんどでびっくり。

ミュージカルみたいにセリフがもっとあるのかなと思ったのですが、ちょっと少なかったのが残念でした。

(香港ディズニーランドのライオンキングのショーのほうがグッと引き込まれた感があったので)

でもパリならではのコスチュームやティモン、ブンファのリアル感など、見どころが多いですよ。

来年も開催になったらぜひ見ていただきたいです。

もっとセリフがあっても良かったかな…でも曲の迫力はすごい!しかも英語で歌っているので、耳なじみも良いですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です