【100冊読書25/100冊】職場は感情で変わる

Facebook

25冊目は冷え切った職場の感情をどう変革するか、という問いかけの本。

これにより、モチベーションを上げられるのならば、今の自分にとっても大きくプラスになりそうな予感。

読了直後ですが、やる気がみなぎっています!!

25.「職場は感情で変わる」高橋克徳著

職場でお互いが協力したり、関わり合うことがなくなってきている。

それにより職場のモチベーションが下がる、なんてことも。

本書では、組織が幸せになるために「組織感情」というキーワードで良い組織になるために必要なことを書いている

(1)問い

・良い職場にある感情や共感とは?

・組織感情の中でも「イキイキ」「あたたか」とはどんなもの?

(2)問いの答え

・良い職場は感情を決めつけることなく、緩めて許容範囲を拡大している

・共感は対象は何かを見つめ、良い共感と悪い共感を見極めることからスタート

 良いなら受け入れ、自分から伝える。悪いなら断ち切る方法を考える

・「イキイキ」した組織感情は、ハイパフォーマーの行動を見て学ぶ

 主体的になれるよう、各自問題やアイディアを持ち寄る

・「あたたか」な組織感情は、他人を信頼し、関心を寄せること。

 その上で支え合う

(3)答えを生かす

・決めつけはNG、自ら歩み寄り、信頼を寄せる

・共感に主体的に支え合う

(4)Baby Step

スライドに「イキイキ」したものを入れ込む

今回のマインドマップ。ワークショップの心構えも入れ替わった感がして、いい気分!

ここで最もハッとしたのは、新しい人を受け入れる側が積極的にアプローチをすること。

そういえば、そんな感情を取られたことが少なかった…そして自分も行っていなかった…と深く反省した。

来週行うワークショップではその雰囲気を自ら作ろうと決意。よーし、やるぞー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です