【100冊読書6/100冊】「ブレイン・プログラミング」

Facebook

6冊目は改めての再読。

フューチャーマッピングについてはファシリテーター資格を持っているので…。

でも、考え方について改めて理解するいい機会になりました。

6.「ストーリー思考」神田昌典著

ストーリーの力は強い力があるといっているのが本書。

「フューチャーマッピング」について解説しています。

そのストーリーが仕事のチャンスやネーミングを運んできてくれるといっています。

そしてもう一つ重要な要素になるのがバックキャスト方式。

未来から考えることで、発想を広げ、飛躍につながるのがバックキャストです。

(1)問い

・フューチャーマッピング、本当に未来を考えることができるのか?

・作ったチャート、マイナス気分になってしまい、できないときはどうしたらいい?

・チャートを見て自分を信じることができないときはどうしたらいいか?

(2)問いからの答え

・できるに持っていくためには、目標化するときに具体的な数値を入れる

・マイナスに考えてしまうときは、左上の「第三の道」に注目

   そこには自身の忘れていた才能や内なる動機が発見できる

・もう一つは右下。「未来への礎」となるキーワードが隠されている。それが大きな発想につながる

・チャート上に自分の答えはある!

   答えとなる発想は自由に考える

(3)答えをどう生かすか

・チャートの上に答えがあることを信じる。忘れてたことを呼び起こす

・盲点に気づく。チャート上の第三の道や空白部分

(4)Baby Step

先ほど書いた今週の目標のチャートに加筆

こちらがまとめマインドマップ。自分の自身や弱いところを晒した感がありますが…!

実は今までチャートを信じることが出来ず、書いても書いてもいい成果を得られないことが多かったのですが、ここ最近はチャートも自分も信じられるようになってきたことで、成果につながることが出てきた感じ。

チャートを書いて実現させていくんだ、という熱がふつふつ湧いてきている。

今後が楽しみになってきた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です