【100冊読書26/100冊】佐藤可士和の新しいルールづくり

Facebook

26冊目はユニクロなど、様々なブランドデザインを手掛けている佐藤可士和さんの本。

考え方がぶっ飛んでいて、もうびっくり…!

自分の今後に参考になることがたくさんでした。

26.「佐藤可士和の新しいルールづくり」聞き手 齋藤孝

現代でレベルアップしていくには、ルールを自分で描くことが大切だと説く筆者と聞き手。

そのためには、概念を完全に使いこなすことが大切だという。

ルールを描くための方法や自分で新しいルールを描く方法について書いてあるのが本書である。

(1)問い

・自分の好きを言語化できると何がいいのか?

・概念を明確化するシズル・カットとは?コンセプトはどう使いこなしたらいいの?

・概念を完璧に使いこなすには?

(2)問いの答え

・本質を再構築し抽出することで言語化が可能、それにより社会の仕組みを提示できる

・抑圧のたがを外すことで自分の好きが出てくる、ロジックと直感のバランスが大切

・思考の設計図をコンセプトとして描く

・最高の瞬間をビジュアライズしたのがシズル・カット

・時間における意味の含有率を高めることが概念化に重要

・言語化した表現を理解して、概念を使いこなすこと

(3)答えを生かす

・時間の含有率や最高の瞬間をビジュアライズすることを意識する

・概念の表現を理解して言語化、ルールを自分で作る

・好きのコンセプトはバランスを持つこと

(4)Baby Step 

バディに関するルールづくりを主導

今回のマインドマップ。とても学ぶことの多い本でした!

時間の含有率や最高の瞬間をビジュアライズすることを常に意識

この本のシズル・カットや時間の含有率の話は特に私に突き刺さったなぁ。

表現者として、よりここを意識していきたい。

そして、これからのルールも世の中にどんどん提示していくぞ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です