【100冊読書27/100冊】なぜ、この人と話をすると楽になるのか

Facebook

27冊目はコミュニケーションの基本の基本について。

ニッポン放送のアナウンサーさんが書いた本です。

何でもコミュ障のアナウンサーさんらしく…またそれもそれでびっくりですが。

27.「なぜ、この人と話をすると楽になるのか」吉田尚記著

コミュニケーションは努力と欲が結びついたものだという筆者。

そのスキルやリテラシー、技術を紹介したものが本書である。

(1)問い

・コミュニケーションのゲーム化によるメリットとそのテクニックは?

・質問力をアップするポイントは?

(2)問いの答え

・ゲーム化のメリットは、全員が会話を通じて気持ちよく積極的に話せるようになること

・ゲーム化におけるテクニックは、相手の興味や話題、言い分に乗ることと話のハードルを下げること

・質問力のポイントは

感想をプラスして受け止め、

具体的な質問をすると同時に会話を聞き漏らさず、

答えや感想として相手にボールを返すこと

(3)答えを生かす

・ハードルを下げることで相手に興味を持つ

・相手の話を聞き漏らさない

(4)Baby Step

今日のMTGで相手の話を聞き漏らさない

今回のマインドマップ。よく聞くという意味を痛感させられるひと時でした

タモリさんの話のくだりで、タモリさんが人の話を聞き漏らさないから相手に再質問されないことにつながっていた、というのがとても印象的だったなぁ。

集中して相手の話を聞くことに注力するぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です