【100冊読書58/100冊】「かわいい」のちから

Facebook

58冊目は「かわいい」ということを科学的に追求した、その名も「かわいい」のちから。

日本ならではの「かわいい」、科学的に見ていくと…!

58.「かわいい」のちから、入戸野宏著

「かわいい」というものにはどんな効果があるのか?

実験を通して「かわいい」を明らかにしたのが本書である。

(1)問い

・「かわいい」の大切な理由

・「かわいい」の効果は?

・「かわいい」は感情として変化するのか?

(2)問いの答え

・かわいいと感じる理由として、「女性的感情」「小型なものを愛する」「調和を大切にする」などが挙げられる

・かわいいと感じることの効果として、「笑顔になる」「気分が上がる」「細部が気になるようになる」などがある

・かわいいと感じると感情の変化として、「知覚が鋭くなる」「主観的に行動」などが挙げられる

(3)答えを生かす

・「かわいい」の感情は日本ならでは、しかも女性的感情

・かわいいの効果で気分や注意力もアップ

(4)Baby Step

かわいいと感じることに注意を払う

今回のマインドマップ。科学的にどうかわいいが分析されているのかをもっと見たかったな…

かわいいということを実験などを通して明らかに、ということだったが、細かなところまでは把握できず…。

ちょっと「だろうな」というあたりまでしか把握できなかったな。

あとでもう一度見てみるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です