【今日の寄り添い⑤】問いかけを使い分ける

Facebook

前回は、寄り添った相手に問いかけることについて取り上げました。

今回は、その問いかけ方法についてです。

えっ、問いかけにも方法があるの

実は問いかけには、2つのやり方があります。

それは

「クローズ・クエスチョン」

「オープン・クエスチョン」

2つです。

「クローズ・クエスチョン」の場合は、相手にイエスもしくはノーで答えられる問いかけを行います。

どのようなときに使うかというと、

・何か決断をうながしたいとき

・議論のポイントを絞り込みたいとき

などに使用します。

YesとNoを使うことで、発想を収束していく印象ですね

「オープン・クエスチョン」の場合は、「何」「いつ」など、いわゆる「5W1H」などを使用して答えてもらう問いかけです。

どのようなときに使うかというと、

・発想を広げたいとき

・相手がいつ行き詰まっていて視点を変えたいとき

相手に問いかけの内容について考えてもらいたいとき

などに使用します。

5W1H、覚えていますか?この6つですよ!

クローズ・クエスチョンおよびオープン・クエスチョンを使い分けることで、相手の発想を広げたり絞り込んだりすることが可能になります。

それにより、こちらとしても相手が1歩踏み出すためのお手伝いをよりやりやすくなるのです。

さて、今日あなたは相手にどんな内容の問いかけをしますか?

寄り添いポイント⑤「問いかけ方法を状況に応じて変えてみる」

問いかけをうまく使い分けて、相手が一歩踏み出すことが一番ですね

「【今日の寄り添い⑤】問いかけを使い分ける」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です