【今日の寄り添い⑦】うまく寄り添えると得られるメリット8つ その1

Facebook

誰かが傷ついている時、もしくは誰かの話を聞いてあげたほうが良い時。

そんな時に「寄り添い」は大きな力を発揮するはず。

ここまで「寄り添い」の基本について取り上げてきました。

寄り添いについて順におさらいをすると、

①ありのままを受け入れる

②ジャッジせず、ただ聞く

③受け止めて、肯定してあげる

④必要に応じて問いかける(オープン&クローズクエスチョン)

⑤背中を押す

となります。

以降では、寄り添いのメリットについて8つご紹介します。

今回は「その1 相手の状況を把握することができる」です。

その1 相手の状況を把握することができる

ここで言う、相手の状況を把握するとはどのようなことを指すのでしょうか?

まずは話す側については、話すことで自分の心の中を整理することができます。

相手のことを話してもらわず自分のことのみを話すので、自分の話に集中することが可能です。

それにより、自分のことがより明確になってくることでしょう。

そして話を聞く側について。

自分のことを挟み込まず(←これが重要)、ただ話を聞いてあげることで以下のメリットがあります。

・冷静に落ち着いて聴ける

・今相手に起きていることを把握できる

・相手の心理状態をより正確に把握できる

それにより、相手の状態がより正確に把握できるでしょう。

正確に状況を把握できれば、その後の問いかけの精度も上がってきますね!

また、自分の状況を挟み込まないというのが最も重要になってきます。

なぜなら、自分のことを挟み込むと、相手は「自分の話を聞いてくれないのではないか」と考えてしまうからです。

そのため、まずは相手の話を聞くことに集中しましょう。

寄り添いポイント⑦相手の状況を把握しよう

まずはじっくり、相手に向き合って話を聞くことが大切ですね

「【今日の寄り添い⑦】うまく寄り添えると得られるメリット8つ その1」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です