【舞浜レポ】ディズニーリゾートライン、新型車続々&シー20周年記念〇〇!

Facebook

昨年開業20周年を迎えたディズニーリゾートライン。

リゾート・ゲートウェイステーションでの記念展示などもまだまだ継続中。

併せて、続々と新型車両(TYPE-C)も導入されています。

今回は直近で導入された新型車(ブルー)と、車内から見えるシー20周年記念の〇〇についてご紹介します。

ん、〇〇とは

1.直近で導入された新型車両は

開業20周年を記念して導入がスタートしたディズニーリゾートラインの新型車両「TYPE-C」。

内装が大幅リニューアルしたのが特徴で、より内部はミッキー感が強くなっているのが大きな特徴です。

ちょっとポップな感じになったかな。

もちろん、ミッキー型のつり革は健在です。

旧型車両より明るい印象が強まった新型車両。ミッキーのアナウンスも導入されました

ディズニーリゾートラインには外装カラーが異なる5種類の車両があります。

新型車両はすでにイエロー、ピンクが導入されていますが、直近はブルーが導入されました。

今回、たまたまブルーに乗れるラッキーが!

新型車両は外装に濃淡2種類のカラーが使われているのが見分けるポイント。残りの旧型車両(パープル、グリーン)も順次こちらに置き換わります

2.車内からシー20周年記念〇〇を見よう

駐車場キャストさんがたまに作るカラーコーンアート。

過去色んなものが登場してきましたが、現在東京ディズニーシー20周年ロゴがカラーコーンで登場しています。

過去登場したもので最も難易度が高いのでは!?というぐらい完成度が高いですびっくり。

こちらはシーの平面駐車場(東京ディズニーシー・ステーション到着直前左手)に置かれています。

登場したのが今年1月だったので、閑散期限定かと思われます。

直近で行かれる予定の方は注目してみてくださいね。

バスや車高が高い車、車椅子の方向けの平面駐車場。これはリゾートラインに乗らないと見れないですよ!

3.シー新エリアも着々と

ディズニーリゾートラインから見える楽しみの1つに、2023年度開業予定のシー新エリアが見えるというのがあります。

今回見た時は、ホテルの外装の一部が完成しているところがありました。

色合いが柔らかいので、ほんわかした感じのホテルなのかな。

ここは舞浜最高級ホテルになるのですが上品な感じかな。

建設中の新エリアホテルが見えてきました!ちなみに右手のカラフルな建物は今年4月開業のトイストーリーホテル
ホテルエントランスもだいぶできてきました。この写真では写っていないですが、一部足場が外れているところも
アトラクションもだいぶ外面はできてきたのかな?楽しみ〜
トイストーリーホテルもどこかのタイミングで泊まりに行こう…予約はいつ取れるようになるかな

リゾートラインは112分とかなり短いですが、パークなどをいつもとは違った景色で見れるのでとても楽しいですよ。

(パークのバックヤードも見れます)

たまにはパークに行くだけでなく、リゾートラインをメインに乗ってみるのも楽しいかも

リゾートラインに乗ってみると、普段のパークからは見えない新たな発見がありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。