【WDWへの道】のんびりナヴィの世界をめぐる船の旅 

Facebook

2017年にオープンした、フロリダ・ウォルトディズニーワールドの第4パーク「アニマルキングダム」の通称アバターエリア「Pandora:The World of Avatar」。

エリア全体に映画「アバター」の世界が広がっており、日本ではない様子にビックリしました。

ここにはアトラクションが2つあります。

今回フロリダパークに行ったとき、私は初めてこちらのメインアトラクション「Avatar  Fright of Passage」に乗りました。

しかし、私は高所映像に恐ろしく撃沈アトラクション自体はすごかったですが、私には無理でした。

そんな私でも乗れるのがもう一つのアトラクションである「ナヴィ・リバー・ジャーニー」。

今回はこちらのアトラクションをご紹介します。

1.ナヴィ・リバー・ジャーニーとは?

ナヴィ・リバー・ジャーニーはナヴィの世界をボートに乗ってめぐるアトラクション。

映画の風景そのままの世界が広がっているのが特徴です。

さながらナヴィ版の「イッツ・ア・スモールワールド」といった印象。

中は暗く、独特な雰囲気です

場所はアバターエリア奥。

そもそもアバターエリアへはエントランスから中心部「ツリー・オブ・ライフ」へ歩いていきそこから入るか、さらに奥のアフリカエリアから入るかのどちらかからとなるのです。

朝イチならばだいたいエントランスからアバターエリアに向かう人なので、ついていけば大丈夫かと。

(オープンして10日後!2017年に行ったときの様子はこちら)

白いピンがアトラクションのあるところ。エントランスからのショートカットルートが欲しくなります…

2.アトラクションをご紹介

ここからは写真でご紹介します。

幻想的な雰囲気が印象的ですよ!

スタンバイ列。ここだけ切り取るとアフリカンな感じもしなくもなく…
当初からこの暗さ!暗がりが苦手なお子さんは注意が必要かも
不思議な動物が走っているのも印象的です
天井には巨大な葉っぱが。そこにもナヴィの動物が走っています
植物も特徴的…
たまにナヴィ族の人たちが走っている様子も見れるのですが…
最後に「長」かな?的な感じでいるナヴィ族。個人的にはナヴィの音楽がしばらく耳タコになりました…

3.待ち時間は

私が行った日はアニマルキングダム開園7時!

(直営ホテル宿泊者のみ、通常開園は7時半)

朝イチで8割ぐらいの人が「Avatar  Fright of Passage」に向かうため、このアトラクションが圧倒的に混み合うのが特徴です。

私はこちらが乗り終わった後に向かったので時間は820分頃。

その時点でスタンバイ20分待ちでした。

それぐらいならば待ってもいいかと思い並び、結局25分ぐらい待って乗れました。

昼間は4050分待ちになっていた印象なので、待ち時間少なく乗りたい場合は以前ご紹介した「ジーニープラス(ライトニングレーン)を購入するのがオススメです。

いかがでしたか?

ちょっと暗いので、暗がりが苦手なお子さんと行くときには注意が必要ですが

でも高所恐怖症の人でも問題ないのんびりアトラクションなので、ゆったり楽しめるかと。

(ただ、イッツ・ア・スモールワールドと比較したら、あっという間に終わってしまう感が否めないです)

日本では味わえないアバターのアトラクション、行ったらぜひ乗ってみましょう!

面白さがあるかというとそうではありませんが、どの世代でも乗れるアトラクションかと。みんなでのんびり楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。