過去を振り返る機会

Facebook

日曜日。
光が丘を出て、私はなぜか北へ。
17時前、私が着いたところは…宇都宮!?
ギョウザを食べに来た…わけではなく、今度は路線バスに乗り、着いた先は小学校。

その小学校の校庭では、地元の夏祭りの真っ最中。
子どもたちが出店で食べていたり、遊んでいたり。
のんびりとした感じが広がっています。
先ほどまでいた光が丘よりも相当こじんまりな、町内会の夏祭りといった感じ。

ここは宇都宮市の「みゆき夏祭り」。
要は地区の夏祭りです。
小さな舞台が用意され、ここで30分ほどよさこいの演舞が披露されました。
ステージの周りで子どもたちが真似をしながら踊っているぐらい、のんびりとした空気が広がっています。

えっ、この30分のために宇都宮に!?
そうなんです、このために来たのですが、この宇都宮行きには大きな意味があるんです。

小学校区レベル?のお祭りのようで、簡易的な舞台と周りに地元の人たちによる出店が

ここで踊ってらしたのは栃木のよさこい連合「栃の葉よさこい連」グループのみなさん。
そして栃の葉よさこい連グループといえば、私の大学院時代の研究で大変お世話になったチームさんです。
全国的にも珍しいチームの同士の連合体で、練習はグループの代表さんたちが各チームを回って指導されてきました。

…ですが。
昨年、グループの代表さんが亡くなりました。
私としてはあまりに急でビックリ!
最後にお会いしたのが3年前だったので、その間に体調を崩されたのか、どうだったのか…?
もしかしたらグループ代表さんの奥様たちに会えるかな?と思い、行ったのが今年3月の鹿沼でした(詳しくはこちら)。
結果は踊り子さんたちにはお会いでき、今度演舞されるタイミングでお声がけください、とお声がけしました。
それが結果的に今回となったのです。

終了後に、夕食を兼ねながらこれまでのことを色々お聞きしました。
流石に私から聞きづらかった、代表さんのこととかはこの時にお伺いできました。
そうか、もうすぐ亡くなって1年経つのか…。
どうやら、うちの父と同じ病気で倒れられたようです。
(年齢も近いので重なるなぁ…うちの父は存命だが)

同時に私、この間栃の葉よさこい連グループさんの演舞を見る機会がかなり減っていたことを実感。
よさこいのみのお祭りよりも、地域の夏祭りなどで行うほうが喜んでもらえると、私が行くお祭りには参加されないことが多かったからです。
そうか、私が既婚者なこともお話ししていなかったか…!
それでも、最後まで生きようとされていたことを知り、個人的にはホッとした感じを受けました。

結局私の終電までお付き合いいただき、色々お話しして帰宅。
演舞の時間は短かったけど、本当に行って良かったと感じる宇都宮までの旅でした。

私の研究で栃の葉よさこい連のみなさんとの出会いは大きかったんだよなぁ…そういう意味でも今回お会いできて本当に良かったです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です