【100冊読書8/100冊】「なぜ春は来ない?」

Facebook

8冊目は私も大活用している春夏秋冬理論。

…の元になった本です。

初版は16年前なので、現在はかなりブラッシュアップされていますが、学びが多かったですよ!

8.「なぜ春は来ない?」神田昌典、來夢著

人生の流れに乗り、最短距離で進めるようになるのが春夏秋冬理論。

経営学と占星術を掛け合わせたことで、占いとは違ったアプローチで人生の流れが分かるようになっています。

流れを知ることで、過去から現在、未来まで自分の生きている意味が分かり、今後への準備ができるようになりますよ。

(1)問い

・今の私は何をしたらいい?

・私に偶然を多発させるためには?

(2)問いの答え

・私には今チャンスがきている、それが課題に見えることでも

・課題を学びに変え、自己投資するタイミング

・今は依頼を受けることが流れに乗る秘訣

・偶然を多発させるためには、一定のパターンを理解すること

   特に問題を解決して学びにすることが大切(私は怒り)

・過去から現在、未来までを一貫して振り返り、パターンを見出すことで、シナリオを作り、人生の意味を理解できる

(3)答えを生かすには

・課題を発見し、今を変える

・今の自分は人のせいにしない、ご機嫌に生きる、心のコンパスを信じる

・依頼を受けることが今は流れに乗ることに

(4)Baby Step

自分のやりたいことを心に問いかけ1つ書く

書いてみたマインドマップ。自分の課題が明確に…!

自分のぼんやりわかっていたことを言語化して整理できたことが、この本を読んだ一番の効果だったかな。

すぐに実践していくぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です