【100冊読書15/100冊】アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学

Facebook

15冊目はこれまで触れてこなかったアドラー心理学について。

本はベストセラーになりましたが、実は私全く関連本も含めて読んでこなかったんですよ。

そういう意味で、知らないことが多かったのですが、学びは…?

15.「アドラーに学ぶ職場コミュニケーションの心理学」小倉広著

本書はアドラー心理学によると、コミュニケーション上手は適切な距離感の取り方が鍵となると言っている。

その距離感を取るためのスキルとして、尊敬や信頼を伝える技術について本格的に紹介しているのが本書。

(1)問い

・相手を傷付けず、自分の伝えたいことを伝えるためのカギは?

・適度な距離感を保つための思考のポイントは?

(2)問いの答え

・距離感を取るために、人と行為の分離がまずは大切

・感情も分離して、頭を冷やす時間を保つことも重要

・不完全な自分を自己受容して認める

・相手には理想やビジョンを示し、一次感情は寂しさや悲しさを伝える

・結果はさらりと引き受け、「私は〇〇だ」といったアイメッセージを多用する

(3)答えの生かし方

・距離感を取って人と感情を分離し、かっとなった時は頭を冷やす時間を確保する

・相手には理想やビジョンを伝える

・さらりと受け流すことも時には必要

(4)Baby Step

今日のバディで実際にやってみる

今回のマインドマップ。人と行為の分離は頭では分かっているのにできていない事項…

アドラー心理学についてあまり知らないこともあり、新鮮な学びが多かった気がする。

もう少しアドラー心理学について学んでみたいので、この後用意する本に加えるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です