【100冊読書75/100冊】バカロレア幸福論

Facebook

75冊目はフランスの試験「バカロレア」から見る幸福論。

というのも、これは哲学書なのですよ。

フランスの人たちはバカロレアという試験から何を得てきたのか…?

75.「バカロレア幸福論」坂本尚志著

「バカロレア」とはフランスの高等教育試験のこと。

日本で言うところの大検のようなもの。

この試験で必修かつ最初に行われるのが哲学である。

なぜ試験が必修で哲学があるのか、その哲学的思考で幸福について考えたのが本書である。

(1)問い

・なぜ哲学で困難を切り開くことにつながるのか?

・幸福を大切にする理由は?

・孤独と幸福は両立するのか?

(2)問いの答え

・困難を乗り越えることはもやもやを言葉にすること。

・二択もしくは三択で判断し、言い換えや問いかけをすることで哲学的思考が役立つ

・幸福を追い求めることは人間的行為

・孤独は個人にとって自由に幸福を求めることになるが、限界もある

(3)答えを生かす

・もやもやを言葉にして整理することで二択の判断が可能。第3の道も

・幸福も孤独も人間的

(4)Baby Step

もやもやを言語化する癖をつける

今回のマインドマップ。哲学は私には少々混乱…!

もやもやは最近味わった感覚なので、言語化することはとみに大切と言うのを学んだ気がする。

ちょっときにかけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です