【100冊読書70/100冊】内向型人間の時代

Facebook

70冊目は個人的にとても気になる本。

というのも、私自身がとても内向型だから。

そんな私がより良く過ごせるようになる方法を知れるなら…、いいんじゃない?

70.「内向型人間の時代」スーザン・ケイン著

人間の性格は内向型と外向型に分かれるが、これからは内向型の時代だという著者。

何故なのか?

そして新しい自分を発見するための書である。

(1)問い

・単独作業はなぜいいの?

・内向型を自分で伸ばす方法とは?

・つまづいた際の宝物とは?

(2)問いの答え

・単独作業に集中することで、課題に意識が向き、一人で真剣に学ぶことに

・内向型人間が才能を伸ばすためには、限界を越えるために行ったことで褒められることが大切。特に創造的プロジェクトなど

・つまづいたときはその苦難に意義があり、将来前向きに語れるぐらいのものが良い

(3)答えを生かす

・黙々と集中することで、今の私に課題を設定することにつながる

・相手を伸ばすために限界を超える経験をした時には褒める

(4)Baby Step

今やっていることに誇りとOKを出す

今回のマインドマップ。黙々と作業することの意味について知れて自分に自信が持てた気が…!

坦々と集中することは本当に大切なのねと実感。

ワイワイすることも好きだけど、今後は集中する時間をより大切にしていこうかと。

私にとってワークショップなどはハレの日の出来事なのかもしれないな。

「【100冊読書70/100冊】内向型人間の時代」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です