【よさこい】何やかんや25周年!?(ハマこい予告)

Facebook

8月は何やかんやありましたが、よさこいには結構行けたので良しということで。

9月は神栖や西八王子、相模原など中止のところも結構出てしまったので例年よりは少なめですが、それでも23カ所は行けそうなので楽しんでいこうと思います。

というわけで9月一発目は私の地元・横浜の「ハマこい」に馳せ参じます!

ハマこいといえば、元々は「ヨコハマカーニバル」という横浜駅周辺の一大イベントの中でスタートしたもの。

当初は横浜駅前や横浜の繁華街・五番街などで演舞が行われていました。

市民としては、何でいつも通っている横浜駅前で座って演舞を見ているんだろうと不思議な気持ちになったものです。

その後、ヨコハマカーニバルの終了にともなって、「ヨコハマセントラルタウンフェスティバル」(横浜駅から23駅離れた関内〜石川町エリアで開催)の中で開催されたこともありますが、現在は単独開催となりました。

場所もみなとみらい地区での開催となっています。

確か初回が1997年だったはずなので、何やかんやと25年経過しているのか

昨年はコロナの影響で延期になり、結局開催したのが年末!

あれは寒かった…まさか年内最後が地元になるとは思いもしませんでしたが。

特徴としては童謡「赤いくつ」を入れるのがルールになっている「ハマこい」部門とそれが入らないフリースタイル部門の2つに分かれていること。

コンテストについては横浜感がより強くなっています。

(そもそも横浜感って何だ、と言われたときに「自由な空気感かな」としか言えませんが)

メインのパシフィコ横浜(大型コンベンション施設内の広場が会場)、そして隣接する商業施設・クイーンズスクエアは例年通りの会場ですが、今年は新たに「臨港パーク」会場が加わりました。

ここはパシフィコ横浜に隣接する大型公園。

個人的には横浜マラソンでゴールしたあと、給水や完走メダルをもらう場所という認識が()

以前は造船所の跡地であるランドマークタワーの「ドッグヤードガーデン」で行われており、ここも風情があって良かったのですが、臨港パークは海に面しているのでそれもいい感じかな。

今週は関東はここだけかと思うので、行かれる方も多いのかな。

行かれる方は現地で!

こちらはクイーンズスクエア会場の様子(2019年撮影)。大観覧車とのセットでの撮影はできるのかな。お台場の観覧車は終了しましたが、こちらはまだありますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。